携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『お姉チャンバラ THE MOVIE』先行試写会が開催 主要キャストが舞台挨拶

『お姉チャンバラ THE MOVIE』先行試写会が開催 主要キャストが舞台挨拶

2008/4/17

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●乙黒えりがセクシーな水着姿で映画をアピール

 

 ディースリー・パブリッシャーの看板アクションゲーム『お姉チャンバラ』を題材にした映画『お姉チャンバラ THE MOVIE』(配給:ジョリー・ロジャー)。2008年4月26日より渋谷Q-AX、シネマート新宿ほか全国で順次ロードショーされる同映画の先行試写会が、2008年4月17日に渋谷Q-AXで開催され、大勢のファンが足を運んだ。

 

▲2008年4月26日より全国順次ロードショーされる『お姉チャンバラ THE MOVIE』。

 

 先行上映をまえに、『お姉チャンバラ THE MOVIE』の出演者による舞台挨拶が行われ、乙黒えり(彩役)、脇知弘(勝治役)、中村知世(咲役)、福田陽平監督がステージに登壇。

 

乙黒えり
(彩役)

 

脇知弘
(勝治役)

 

中村知世
(咲役)

 

 「昨日完成したばかりです。監督とほぼ同じタイミングで皆さんがご覧になるという、ある意味レアな映画です(笑)」と挨拶した福田監督が手掛けた『お姉チャンバラ THE MOVIE』。キャストの3人は「水着姿の最強お姉ちゃんを演じさせていただきました。水着でお仕事をするのは初めてだし、撮影が冬場だったので不安もありましたが、すっかり快感を覚えてしまいました」(乙黒)、「自分はゲーム版には登場しないオリジナルキャラ”勝治”を演じましたが、ほぼ脇知弘のまま自由にやらせてもらいました。撮影のときは寒かったけど、乙黒えりちゃんが水着でがんばっているのを見て負けられないと思いました」(脇)、「撮影が始まってから、やっと先行ロードショーまで来たなぁ〜と。私も今日始めて完成した作品を見られるので楽しみです」(中村)と、ファンに向けて挨拶した。

 

▲「100体のゾンビと戦うシーンで酸欠になりそうでした」と体を張った撮影を乗り切った乙黒えり。

▲中村知世演じる咲は、彩(乙黒えり)と腹違いの姉妹という設定。「本当の姉妹のように仲よくさせてもらいました」とコメント。

 

▲劇中では「なんでこいつはあれだけゾンビに襲われて生きていられるんだ? と思うくらい勝治は運が強いのでそこに注目してください」と脇知弘。

▲ゲームから誕生した『お姉チャンバラ』を見事に実写映画として形にした福田監督。

 

 撮影時の楽しかったことや苦労したことに話が及ぶと、「咲との対決シーンは、ウェットティッシュやリップクリームがカチカチに凍るくらい寒い中でのオール屋外ロケ。寒い、痛い、辛いの三重苦でしたね(笑)。楽しかったのは、休憩中に脇さんや知世ちゃんとそれぞれ持ってきた食べ物を取り替えっこしたこと!」(乙黒)、「彩がほとんどしゃべらないキャラなので、その分自分のセリフが以上に多く、覚えるのがたいへんでしたね。水着、セーラー服、ボインといういろいろな女性を見られたことが楽しかった思い出(笑)。撮影現場では男が自分ひとりだけという状況だったから……逆紅一点でした」(脇)と答えたふたり。それに対して、中村知世は「刀を使ったアクションが始めてだったので、練習で激しく筋肉痛になってたいへんでしたねぇ」と苦労した点はすんなり出たが、楽しかったことに関しては「う〜ん……」。これには脇知弘も「楽しくなかったのかよ!」と思わずツッコミを入れていた。

 

▲舞台挨拶に登場した4人によるフォトセッション。

 

 キャストどうしの和気あいあいとした雰囲気が存分に伝わった舞台挨拶が終わり、『お姉チャンバラ THE MOVIE』先行上映が始まった。

 

※『お姉チャンバラ THE MOVIE』公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

アーケード音楽ゲーム『crossbeats REV. SUNRISE(クロスビーツレヴ サンライズ)』の稼動記念イベント開催! 多くのゲストとファンが駆けつけた

2016年5月21日に行われた、アーケード音楽ゲーム『crossbeats REV. SUNRISE』の稼動記念イベントの模様をリポートする。

【先出し週刊ファミ通】『オーバーウォッチ』21人のヒーローのワンポイントレッスンをお届け(2016年5月26日発売号)

世界同時発売&サービスが開始されたオンライン専用のチーム対戦型アクションシューティング『オーバーウォッチ』。21人のヒーローの特徴をわかりやすく解説。

『オーバーウォッチ』コミュニティページ公開! 発売記念キャンペーンも実施

スクウェア・エニックスは、米国ブリザード・エンターテインメント社が制作し、本日発売日を迎えた『オーバーウォッチ』日本語版の公式ホームページにて、コミュニティページを公開。また、同ページにて発売記念キャンペーンを実施する。

【先出し週刊ファミ通】DLC福袋で、『プロ野球 ファミスタ リターンズ』と『モンスターハンター フロンティアG』のお役立ちアイテムをお届け!(2016年5月26日発売号)

週刊ファミ通2016年6月9・16日合併号(2016年5月26日発売)のダウンロードコンテンツ福袋も大充実。気になる中身をご紹介!

『オーバーウォッチ』がついに全世界同時発売! 本日20時から急遽ニコニコ生放送を実施【ファミ通EE】

ブリザード・エンターテイメント社のチーム対戦型シューター『オーバーウォッチ』(PS4向け日本語吹替版はスクウェア・エニックスが発売)が本日(2016年5月24日)全世界同時発売! 本日20時からはニコニコ生放送、YouTubeのスクウェア・エニックスチャンネルでライブ配信も行われる。

【先出し週刊ファミ通】ビビも登場!『ワールド オブ ファイナルファンタジー』の世界をおびやかすバハムート軍とは?(2016年5月26日発売号)

グリモワルと呼ばれる世界を冒険する『ワールド オブ ファイナルファンタジー』。さまざまな『ファイナルファンタジー』シリーズのキャラクターが参戦する本作に、『IX』よりビビが登場! また、主人公たちの前に立ちはだかるバハムート軍の情報もお伝えしよう。 

『ドラゴンクエストX』中国でのサービスが決定、日本サーバーとは別でサービス予定

スクウェア・エニックスよりサービス中のオンラインRPG『ドラゴンクエストX オンライン』について、中国でのサービスが決定したことが発表された。

【先出し週刊ファミ通】『クラシックダンジョン 戦国』で有名武将と探索しよう!(2016年5月26日発売号)

ドット絵のグラフィックとレトロなサウンドが特徴の『クラシックダンジョン』シリーズ。最新作の序盤のポイントをチェックしよう。

【先出し週刊ファミ通】編集者が選ぶ思い出のゲーム 第3弾はここ10年に出たハードから!(2016年5月26日発売号)

週刊ファミ通2016年6月9・16日合併号(2016年5月26日発売)では、ファミ通30周年企画がスタート。編集者が選ぶ思い出のゲームを紹介します。

【先出し週刊ファミ通】『プラスティック・メモリーズ』がプレイステーション Vitaでリリース決定(2016年5月26日発売号)

2015年に放送されたテレビアニメ『プラスティック・メモリーズ』がプレイステーション Vita用ソフトとなってリリースされることが明らかになった。