携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> SCEとNPO法人が、『LocoRoco』を使って掛け算・割り算を学ぶ特別授業”ゲームで算数を学ぼう”を実施

SCEとNPO法人が、『LocoRoco』を使って掛け算・割り算を学ぶ特別授業”ゲームで算数を学ぼう”を実施

2008/3/13

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●論理的な思考力を『LocoRoco』で鍛える

 

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)から発売中のPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『LocoRoco』を題材にした教材を使って、算数の授業を行うという試み”ゲームで算数を学ぼう”が、2008年3月10日に千葉県の旭市にある富浦小学校で行われた。これはNPO法人の”企業教育研究会”とSCEが連携して行っている取り組みで、過去には中学生を対象に、『サルゲッチュ』シリーズに登場するピポサルを題材にした教材で”関数”の活用方法を教えるという特別授業も行っている。

 

 今回の特別授業に参加にしたのは小学6年生。『LocoRoco』を題材にした教材で教える内容は分数の掛け算と割り算。同学年を対象とした授業にしてはあまりにも簡単すぎる感もあるが、この特別授業の狙いは答えを出すことよりも、”計算式を論理的に理解する”点に重きが置かれている。たとえば”3÷2/3”といった具合に分数が混ざった割り算がある場合、学校の授業では割る側の数値の分母と分子を逆さまにして掛け算をする、という計算方法は教えるが、なぜ逆さまにするのか? というところまでは言及しないことが多い。その”なぜ逆さまにするのか?”を楽しく、わかりやすく伝え、子供たちの考える力を鍛えようというわけだ。


▲教材はスクリーンに映し出され、生徒たちはそれを見ながら割り算、掛け算を視覚的に学ぶという形式で授業は進行。講師は千葉大学の学生たちが務めた。


 まず最初に”ロコロコ”1匹は大きさに限らず、基準の数”1”であることが説明され、その後”3×7”など整数どうしの計算から始まり、最終的に分数どうしの計算問題を解くという流れで行われた。使用された教材は企業教育研究会が独自に作成したFlashゲーム。位置づけはあくまで教材なので、ゲームとして遊ぶというよりも動きのある参考書といった内容だが、『LocoRoco』のテーマ曲が途中で流れたり、オリジナルのストーリが組み込まれていたりと、作品が持つポップな世界観はしっかりと継承されていた。加えて、授業は企業教育研究会の活動に協力している千葉大学の学生たちによる寸劇を交えながら進行。『LocoRoco』の登場キャラクターになりきって、出題やヒント出しを行った。


▲ゲームと同じく、敵は”モジャ”とその親玉の”オジャ”。もちろん、お助けキャラの”ムイムイ”も登場する。


▲千葉大学の学生が扮する”オジャ”。なぜかアントニオ猪木風の喋りで、生徒たちは大ウケ。

 

▲まずは整数の計算から。答えを出すことよりも、なぜその答えが導き出されたのかを”ロコロコ”たちを使って視覚的に説明する。


▲教材はFlashゲームというデジタルなものだが、解答用紙は手書き。デジタル一辺倒にならず、アナログな部分も残しているあたりが学校の授業らしい。


▲分数どうしの掛け算は、なぜ割るほうの分母と分子をを逆さまにするのか……恥ずかしながら、記者はその理由を今日初めて理解しました。


▲最後はちゃんと理解できているかを確認するため、数人の生徒が前に出て図を使いながら解答。結果は全員正解。今回の授業で理論的な思考が身についた?


 授業終了後、生徒たちから提出された感想は「ストーリーがあったので退屈しなかった」、「ゲームのキャラクターを使って勉強するのがおもしろい」など好意的な言葉がほとんど。今回の特別授業実施を主導した企業教育研究会の藤川大祐理事長は、この反応に「ふつうの授業では教えにくい部分だったが、ゲーム自体の魅力もあってうまく伝えることができたと思います」と笑顔でコメント。続けて、「小中一貫で『LocoRoco』を使った算数、数学の授業ができればおもしろいと思いますね。今日の授業をスタートラインと考えれば、我々の夢はもっと大きいところにありますよ」と、壮大な計画も語った。


▲藤川氏は今後も継続的に今回のような授業を行いたいと力強く語った。ちなみに今回使用された教材は「授業を作るために制作したもの」(藤川)ということで、商品化などは現時点で考えていないとのこと。


※企業教育研究会の公式サイトはこちら

※『LocoRoco』の公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

8月26日を“パワプロの日”として記念日登録! これを祝し、KONAMIの野球ゲーム内でキャンペーン開催

KONAMIは、パワ(8)プ(2)ロ(6)の語呂合わせから、毎年8月26日を“パワプロの日”として記念日登録したことを発表した。

『実況パワフルサッカー』、『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』のリリースが到着 谷渕弘氏のショートインタビューも

『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』、『実況パワフルサッカー』に関する最新リリースが到着。リリース情報に加えて、谷渕弘エグゼクティブディレクターのショートインタビューをお届けする。

お台場でのモビルスーツどうしの激突から、キミは生き残れるか!?……“ガンダムVR ダイバ強襲”体験リポート!

“実物大ガンダム立像”が目印の、東京都江東区青海にあるダイバーシティ東京プラザ。その3階にある施設“VR ZONE Project i Can”。その施設で8月26日から稼動する“ガンダムVR ダイバ強襲”を、ファミ通のライターが体を張って体験してきた。

“VR ZONE Ploject i Can”の運営データを大発表! VRコンテンツで得られた知見を惜しげもなく開示【CEDEC 2016】

CEDEC 2016、25日のメインホールでは、“「VR ZONE Ploject i Can」の知見、全部吐き出します!”と題された講演が行われた。その模様をリポートしよう。

アニメ『ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-』パッケージジャケット絵が公開! コラボカフェも開催決定

同週W放送中のテレビアニメ『ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-』について、パッケージジャケット絵など、新情報が公開された。

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

次回零式は「総合的に難度を下げたい」! 『FFXIV』吉田氏インタビュー【gamescom 2016】

ドイツ・ケルンで開催されたgamescom 2016に『FFXIV』が出展。現地の会場でプロモーション活動に励む吉田直樹プロデューサー兼ディレクターに、同作の直近の展開を聞いた。

国内外のゲーム・映像会社のエースアーティスト9名が目の前で作品制作! “スカルプトマイスター2016”リポート【CEDEC 2016】

2016年8月24日〜26日の3日間、パシフィコ横浜で開催されている、日本最大級のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス“CEDEC 2016”。本記事では、2日目となる8月25日に行われたセッション“スカルプトマイスター2016”のリポートをお届けする。

“やり直し”に強いサウンド開発環境の構築。『バイオハザード7』のサウンドコンセプトとそのワークフローとは?【CEDEC 2016】

CEDEC 2016で行われたセッション“BIOHAZARD7 resident evil におけるゲームオーディオワークフローとシステム―コストをかけずにクオリティを高めるために改善したこと”をリポート。

『Splatoon(スプラトゥーン)』が三冠! “CEDEC AWARDS 2016”授賞式が開催【CEDEC 2016】

“CEDEC 2016”会期2日目となる本日8月25日、“CEDEC AWARDS 2016”の授賞式が行われた。