携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『クイズマジックアカデミー5』の”AOU特別杯”でニンテンドーDS版の開発が判明

『クイズマジックアカデミー5』の”AOU特別杯”でニンテンドーDS版の開発が判明
【AOU2008リポート】

2008/2/16

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●濱野理事長がじきじきに発表

 

 ”AOU2008”開催2日目にあたる2008年2月16日、KONAMIはブース内で『クイズマジックアカデミー5』(2008年2月20日稼動予定)の”AOU特別杯”を開催。正午から実施された予選大会および午後の準決勝、決勝には腕に覚えのある猛者たちが数多く出場。全国トップレベルの戦いが生で見られる滅多にない機会というこで、観戦希望者が殺到しKONAMIブース周辺はイベント会場全体でも屈指の賑わいを見せた。
 

▲KONAMIブースを溢れんばかりの”生徒”たちが足を運んだ。


 大会の途中では濱野理事長こと『クイズマジックアカデミー』シリーズのプロデューサー濱野隆氏がステージに登場。”濱野理事長からの発表”と題して行われたこのステージで『クイズマジックアカデミー』シリーズのニンテンドーDSへの移植が明らかにされた。タイトル名は『クイズマジックアカデミーDS』。「2003年のシリーズ登場以来家庭用ゲーム化の要望が非常に強かったので、いよいよ我々も本気で行くことにしました」(濱野)。ゲーム画面などは公開されなかったが、”『クイズマジックアカデミー5』との連動”、”オリジナルモードの収録”といった要素が濱野理事長の口から明らかに。操作はタッチペンを利用したものになるとのことで、アーケード版に近いプレイ感覚を味わえそうだ。

 アーケード版に引き続き、ニンテンドーDSでも問題の監修を行う大門弘樹氏は「時事問題などの手直しをしているとこ」と語り、ソフトの本格的な開発に向けて下地作りをしていることをアピールした。


▲濱野理事長はその名に恥じぬらしい正装で登場。シリーズの展開に関する発表の中で『クイズマジックアカデミーDS』の制作開始を明かした。


▲こちらが『クイズマジックアカデミーDS』のロゴ。濱野理事長曰く、「DS版を持ってゲームセンターに足を運んでもらえるような作品」になるとのことだ。


 そのほか、”濱野理事長からの発表”ではKONAMIの看板パズルゲーム『ぱずるだま』シリーズとのコラボレーション、アニメ化、ケータイの新作『クイズマジックアカデミーMobile3』や、着せ替えツール、さらにアクションフィギュアの『クイズマジックアカデミーon MMS』、関連書籍として『クイズマジックアカデミー通信 vol.2』なども発表された。

 

 アニメ版『クイズマジックアカデミー』はAIC制作のオリジナルビデオアニメーションとして展開され、監督は『あまえないでよっ!!』、『キカイダー01 THE ANIMATION』、『プリンセス・プリンセス』などを手掛けた元永慶太郎氏。脚本は『瀬戸の花嫁』、『うたわれるもの』、『ああっ女神さまっ』などの上江州誠氏が担当する。登場キャラクターなどは出演声優も含めて『クイズマジックアカデミー5』と連動したものになる予定とのことだ。なお、『クイズマジックアカデミーDS』と『オリジナルビデオアニメ クイズマジックアカデミー』は、どちらもあくまで”開発開始”が決定した段階。詳細については今後の続報に期待したい。

 

▲『ぱずるだま』シリーズに『クイズマジックアカデミー』のキャラクターたちが登場。携帯電話向けタイトルで、対応機種を含めて詳細は未定となっている。

 

▲濱野理事長は最後に「これからさきも、いろいろなニュースをどんどん発表していくので楽しみにお待ちください」と語り、発表を終えた。



※『クイズマジックアカデミー』シリーズの公式サイトはこちら

 

【AOU2008リポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『モンでき。』特別企画Vol.60 夏の終わりの漢字テスト!

『モンでき。』特別企画の漢字テスト、最終回!

「バカテス」のnamo先生の! 新作告知っ!!

「バカとテストと召喚獣 SPINOUT! それが僕らの日常。」を 描かれていたnamo先生の、新連載が明日からスタートです! 目つきの悪さにコンプレックスを感じる主人公くんと… ミステリアスなヒロインさんとの…

「狼少年は今日も嘘を重ねる」が新連載!もちろん「艦これ 吹雪、がんばります!」や「ダイショーグン」など続きが気になる最新話も公開!

こんにちはっ! あんこ弐号です。 この前、久しぶりに知り合いからメッセージが届いたんですが、口調がずいぶん馴れなれしい……!? と思っていたら「某プリペイドカード買ってきて」の文面が!! これがウワサの“なりすまし”か〜! 基本煽っていかないスタイルなので、とりあえず無視……。

『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』週刊ファミ通限定のカラーバリエーションを全員公開! 発売お祝いイラストの第3弾(モタさん)も!

週刊ファミ通2014年8月28日発売号では、同日発売の『P4U2』を大特集。本誌限定のダウンロードコンテンツ付録もお見逃しなく!

【今週の週刊ファミ通】『零 〜濡鴉ノ巫女〜』3人の主人公と、注目のゲームシステムを紹介(2014年8月28日発売号)

2014年9月27日に発売される、和風ホラーアドベンチャー『零(ゼロ)』シリーズ最新作『零 〜濡鴉ノ巫女(ぬれがらすのみこ)〜』。週刊ファミ通9月11日号(8月28日発売)の記事では、本作の舞台となる霊山“日上山(ひかみやま)”と、プレイヤーが操作する3人の主人公を紹介!

【今週の週刊ファミ通】もうひとつの『アサシン クリード』がここに! 新しい主人公はなんと“アサシン・ハンター”!! 『アサシン クリード ローグ』(2014年8月28日発売号)

2014年8月28日発売の週刊ファミ通では、『アサシン クリード ユニティ』と並行して開発が進められているプレイステーション3向けソフト『アサシン クリード ローグ』の記事を掲載。

『龍が如く0 誓いの場所』舞台となる時代と主人公に注目!

セガは、週刊ファミ通2014年9月11日号(2014年8月28日発売)にて、プレイステーション4・プレイステーション3用ソフト『龍が如く0 誓いの場所』の最新情報を公開した。

『魔法科高校の劣等生 LOST ZERO(ロストゼロ)』大人気小説を原作にしたRPGが始動

スクウェア・エニックスは、週刊ファミ通2014年9月11日号(2014年8月28日発売)にて、 スマートフォン対応のRPG『魔法科高校の劣等生 LOST ZERO(ロストゼロ)』の最新情報を公開した。

坂口博信氏の新作RPG『テラバトル』はどんなゲームなのか? ついにそのすべてが明らかに!

ミストウォーカーコーポレーションは、週刊ファミ通2014年9月11日号(2014年8月28日発売)にて、スマートフォン向けRPG『テラバトル』の最新情報を公開した。

【週刊ファミ通・イラストコラム】『ネプテューヌ』シリーズのキャラクターデザイナー・つなこ氏が入社したキッカケとは……?(2014年8月28日発売号)

ゲームへの思いをイラストで自由に語っていただく、週刊ファミ通の連載コラム“ゲームのことを思い描く”。第7回のゲストは、『超次元アクション ネプテューヌU』のキャラクターデザインなどで知られる、つなこ氏だ。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS