携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 秋葉原には開店まえから200人近い行列が! 『大乱闘スマッシュブラザーズX』がいよいよ発売!

秋葉原には開店まえから200人近い行列が! 『大乱闘スマッシュブラザーズX』がいよいよ発売!
『スマブラX』発売日リポート

2008/1/31

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ソフトといっしょに意外な商品が売れ行きを伸ばす

 

 2008年1月31日、任天堂のWii用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズX』が発売を迎えた。都内にある量販店”ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba”には、シリーズ最新作を1秒でも早く遊びたいファンが早朝から足を運び行列が発生。混雑を避けるため、急遽オープンを10分早めるという対応がとられるほどの盛況ぶりを見せた。


▲早朝から熱心なファンが列をなした。先頭にいた男性は午前4時50分ごろから並んでいたとのこと。


 本格的に行列ができ始めたのは午前8時30分ごろ。店舗周辺に集まっていた人たちを係員が誘導し、即席の柵で整列を開始。その後、オープン時間が近づくにつれ急激な勢いで行列はその長さを増し、午前9時の時点で100人を突破。通路に収まりきらなくなったため列をふたつにわけるという対応も取られたが、その後も客足は伸び続け、午前9時20分に通常よりも10分早く販売が開始された。この時点で行列の人数は約200人を記録していた。


▲150人を超えたあたりで、通行の妨げになる恐れがあるとして行列をふたつに分離。しかし、その後も途切れることなく購入希望者が訪れ最終的に販売開始を早めるという措置が取られた。


 この日は、カプコンのプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『デビル メイ クライ 4』や、バンプレストのプレイステーション2用ソフト『涼宮ハルヒの戸惑』などの注目作も発売されたが、行列に並んでいた人のほとんどが『大乱闘スマッシュブラザーズX』を購入。本作は、Wiiリモコン、ヌンチャク、クラシックコントローラーといったWii専用コントローラーに加えて、ゲームキューブ用コントローラーでもプレイすることが可能となっている。レジに目を向けると、かなりの人がこのゲームキューブ用コントローラーソフトとセットで購入していた模様。数名に話を聞いてみると、ほぼ全員が前作をプレイしており、最新作も使いなれたコントローラーで遊びたかったからセットで購入した、という声が聞かれた。店舗側もこの反応は事前に予測していたようで、ゲームキューブ用コントローラーがボックス単位でレジの裏手へと入荷されていた。Wii本体とセットで買っていく人も多く、とある年配の男性は本体のほかにWiiリモコン&ヌンチャクを複数セット購入。話を聞いてみると「孫や親戚から頼まれて」とのこと。ふだんゲームはやらないとのことだが、店内の混雑ぶりを見てソフトの内容にも興味を惹かれたようで「これを機会に少し遊んでみようかなと思います」と笑顔で語った。


▲待ちに待った『大乱闘スマッシュブラザーズX』。ソフトの発売を機会にWii本体を購入する人も複数見られた。


▲店内に入っても行列は続き……最後尾はゲーム売場を飛び出して、正反対に位置する楽器売場にまで。販売開始から40分経った午前10時の時点で、行列は500人近くに。


▲意外な売れ行きを見せたゲームキューブ用コントローラー。前作経験者の多くが購入していた。

 

▲なかには『大乱闘スマッシュブラザーズX』と『デビル メイ クライ 4』、ふたつの話題作を同時購入する豪快な人も。


 なお、店舗のスタッフによればソフト、Wii本体ともに在庫は比較的余裕があり、本日中に足を運べばまず間違いなく購入できるとのこと。ただし、夕方に学校や会社帰りの人が大量に訪れることが予測され、そのときの売れ行きによっては翌日の購入が難しくなるかもしれない。ぜったいに購入したいという人は、本日中に足を運ぶことをオススメする。

▲海外のファンも無事購入できて、ソフトを片手にニッコリ。

 

▲女性の購入者が多かったのも特徴的。今日はとりあえずはひとりで遊び、ゲームになれたら対戦を楽しみたいと語っていた。

 

※『大乱闘スマッシュブラザーズX』の公式サイト”スマブラ拳!!”はこちら

※任天堂の公式サイトはこちら
 

『スマブラX』発売日リポートの関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【レポートマンガ】特別編 ダンボールなめこが新作持参で編集部襲来『なめこのおさんぽ』

『なめこ栽培キット』シリーズでおなじみのキャラクター“なめこ”が活躍する新作をレポートマンガにてお届け。

もしゾンビサバイバルゲーム『DayZ』がスーファミ時代にあったら……。ファンプロジェクト『MINIDAYZ』が公式採用されて配信中

Bohemia Interactiveのオープンワールドゾンビサバイバルゲーム『DayZ』。本作をスーファミテイストでブラウザゲームとして再現したファンプロジェクト『MINIDAYZ』が、公認を受けて配信中だ。

【アイドルマスター ワンフォーオール イラスト&コラム】PIECE OF PIECE Vol.21 八色

アイマスOFA、765プロアイドルの魅力についてイラストとコラムで綴る。本日は、星井美希の誕生日お祝いイラスト&コラム!

『実況パワフルプロ野球』20周年企画! サクセスキャラクター紹介その2 野手編

2014年で20周年を迎えるKONAMIの人気野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』シリーズ。今回は、選手育成モード“サクセス”の主要キャラクターたちを紹介する連載企画の野手編をお届け。

『ニンジャスレイヤー』のライブイベントが開催、人気アーケードゲームなどとのコラボ企画が続々発表!

2014年11月22日、東京・恵比寿にて、小説『ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース(上)』の発売を記念したライブイベントが開催。イベント中に、『ニンジャスレイヤー』とアーケードゲームなど4タイトルとのコラボ企画が発表された。

【モンスト家】イベクエ攻略“虹睨の妖刀―破邪の光”(超究極) 光刃ムラサメ戦解説

【モンスト家】光刃ムラサメが出現するイベクエ"虹睨の妖刀―破邪の光"出現モンスターや攻略のポイントなどを紹介。

吉田氏「天野喜孝氏の“未公開のすごい絵”は物語で重要な意味を持つ」『新生FFXIV』G-STARステージイベント【G-STAR 2014】

 2014年11月22日、韓国・釜山で開催中のゲームショウ“G-STAR”のステージイベントに『新生FFXIV』のプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏が登場。2015年サービス開始予定の彼の地にて、ファンから寄せられた質問に答える形で、作品の魅力を大勢の観衆にアピールした。

【モンスト家】イベクエ攻略“眠りから覚めし虹睨の妖刀”(究極) 闇刃ムラサメ戦解説

【モンスト家】闇刃ムラサメが出現するイベクエ"眠りから覚めし虹睨の妖刀"出現モンスターや攻略のポイントなどを紹介。

【ファミ通App Android】『ファイナルファンタジー レコードキーパー』冒険のおともにミスリル&ギルをどうぞ!

2014年11月20日発売のファミ通App NO.019 Androidでは、『ファイナルファンタジー レコードキーパー』をアイテム付きで紹介。

【高橋きの・ゲーム日記】『テラバトル』第4回「お役立ち秘蔵攻略テク」

坂口博信氏や植松伸夫氏ら豪華クリエイターが手掛けるRPG、『テラバトル』のプレイ日記をお届け。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS