携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 名越稔洋氏が撮り、ZEEBRAが演じる! 『龍が如く 見参!』オープニングテーマ『BUSHIDO』の撮影現場の様子をお届け

名越稔洋氏が撮り、ZEEBRAが演じる! 『龍が如く 見参!』オープニングテーマ『BUSHIDO』の撮影現場の様子をお届け

2008/1/26

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ZEEBRAが本格的な殺陣に挑戦!

 

 セガから2008年3月6日発売予定のプレイステーション3用ソフト『龍が如く 見参!』。本作はゲームのオープニングテーマを、ジャパニーズヒップホップ界の重鎮ZEEBRAが手掛けることでも話題を呼んでいる(関連記事はこちら)。この、『龍が如く 見参!』とZEEBRAのコラボレーション楽曲『BUSHIDO』が、ソフト発売の前日、2008年3月5日にポニーキャニオンから30000枚限定で発売されることが決定した。『BUSHIDO』はCDとDVDの2枚組となっており、DVDには『龍が如く』シリーズの総合監督である名越稔洋氏が手掛けたミュージッククリップを収録。音だけでなく映像の面でもゲームの世界にこだわった作品となっている。

 

 先日、そのミュージッククリップのハイライトである、殺陣(たて)シーンの撮影が都内のスタジオで行われた。ZEEBRAはゲームの主人公”桐生一馬之助”と同じ着流し姿で、身も心も武士になりきって演技に挑戦。鋭い眼光で相手を見据えながら華麗な身体捌きを披露し、迫力のアクションシーンを演じきった。
 

▲名越氏(右)とZEEBRA(左)が、ゲームに続いて映像でもコラボレーション!

 

▲ほぼぶっつけ本番での挑戦となった殺陣の撮影。激しい動きに悪戦苦闘しつつも、最後まで演じきった。


▲名越氏のオッケーの掛け声に、スタッフ全員が拍手で応える。現場の緊張感がほどける瞬間だ。


 収録の合間には名越氏とZEEBRAの両名に撮影の感想などを聞くことができた。


▲「逃げのない、いい作品になっていると思う」と、名越氏。

 名越氏は実写映像の作品を手掛けるのが初ということで、「実写作品のひとつひとつ本番を積み重ねていく感じはシビレますね」と、今回の撮影はかなり刺激的な経験になった様子。「CG映像とはまったく違うものだから比較はできないけど、実写の魅力を知っていればCGのほうでもいい絵が撮れると思いますね」(名越)。ゲーム作りの面でも今後の糧となるものが得られたようだ。ミュージッククリップの内容については「ふだんからこういったものを作っている人たちがやらないようなことをうまく取り込めた」と手応えを語り、ZEEBRAの演技についても「最初は手さぐり状態だったが、じょじょに自信を感じさせるようになってきた」と評価。「いまでは彼をモニター越しに観ていると撮りたいカットがつぎつぎと浮かんでくる」と最大の賛辞を贈った。


▲「たぶん、CGというのはスタジオで音楽を作る感じ。実写は1発勝負な部分がライブと似ている」とミュージシャンの視点で名越氏の言葉を分析。

 一方のZEEBRAも「音楽作るときはある意味ひとりよがりなんですよ。でも、今回はもろチームワーク。その中で自分を落としてがんばるのは最高に気持ちいい」と、楽しみながら撮影に挑んでいたようだ。現場では、みずから撮り直しを要求したりと、ひとつひとつのシーンにこだわりの姿勢も見せていたZEEBRA。「もう1回いいですか? って言うのはすごい度胸がいる。俺はこうやって見せるよと宣言して、それに現場の人間全員を巻き込むわけだから」と、音楽をやっているときとはまた違う緊張感があると語った。「歌っているところの撮影はなれているけど、ちゃんとした演技はまだまだ素人だから。そのできない自分と戦うことがある意味で楽しい」(ZEEBRA)。今回のミュージッククリップの仕上がりには名越氏と同様にかなりの手応えを感じているようで、「アワード取りたいですね。MTVアワードとか」とデカイ目標を掲げていた。

 

※『龍が如く 見参!』の公式サイトはこちら
※ZEEBRAのアーティストサイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

もしゾンビサバイバルゲーム『DayZ』がスーファミ時代にあったら……。ファンプロジェクト『MINIDAYZ』が公式採用されて配信中

Bohemia Interactiveのオープンワールドゾンビサバイバルゲーム『DayZ』。本作をスーファミテイストでブラウザゲームとして再現したファンプロジェクト『MINIDAYZ』が、公認を受けて配信中だ。

【アイドルマスター ワンフォーオール イラスト&コラム】PIECE OF PIECE Vol.21 八色

アイマスOFA、765プロアイドルの魅力についてイラストとコラムで綴る。本日は、星井美希の誕生日お祝いイラスト&コラム!

『実況パワフルプロ野球』20周年企画! サクセスキャラクター紹介その2 野手編

2014年で20周年を迎えるKONAMIの人気野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』シリーズ。今回は、選手育成モード“サクセス”の主要キャラクターたちを紹介する連載企画の野手編をお届け。

『ニンジャスレイヤー』のライブイベントが開催、人気アーケードゲームなどとのコラボ企画が続々発表!

2014年11月22日、東京・恵比寿にて、小説『ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース(上)』の発売を記念したライブイベントが開催。イベント中に、『ニンジャスレイヤー』とアーケードゲームなど4タイトルとのコラボ企画が発表された。

【モンスト家】イベクエ攻略“虹睨の妖刀―破邪の光”(超究極) 光刃ムラサメ戦解説

【モンスト家】光刃ムラサメが出現するイベクエ"虹睨の妖刀―破邪の光"出現モンスターや攻略のポイントなどを紹介。

吉田氏「天野喜孝氏の“未公開のすごい絵”は物語で重要な意味を持つ」『新生FFXIV』G-STARステージイベント【G-STAR 2014】

 2014年11月22日、韓国・釜山で開催中のゲームショウ“G-STAR”のステージイベントに『新生FFXIV』のプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏が登場。2015年サービス開始予定の彼の地にて、ファンから寄せられた質問に答える形で、作品の魅力を大勢の観衆にアピールした。

【モンスト家】イベクエ攻略“眠りから覚めし虹睨の妖刀”(究極) 闇刃ムラサメ戦解説

【モンスト家】闇刃ムラサメが出現するイベクエ"眠りから覚めし虹睨の妖刀"出現モンスターや攻略のポイントなどを紹介。

【ファミ通App Android】『ファイナルファンタジー レコードキーパー』冒険のおともにミスリル&ギルをどうぞ!

2014年11月20日発売のファミ通App NO.019 Androidでは、『ファイナルファンタジー レコードキーパー』をアイテム付きで紹介。

【高橋きの・ゲーム日記】『テラバトル』第4回「お役立ち秘蔵攻略テク」

坂口博信氏や植松伸夫氏ら豪華クリエイターが手掛けるRPG、『テラバトル』のプレイ日記をお届け。

【週間PVランキング】人気声優さんの新商品やまさかの『II』、『ポケモン』『妖怪ウォッチ』など年末に向けて大わらわ【11/15〜11/22】

ファミ通.comの週間PVランキング、今回は2014年11月15日〜11月22日までの集計結果を紹介します。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS