携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 名越稔洋氏が撮り、ZEEBRAが演じる! 『龍が如く 見参!』オープニングテーマ『BUSHIDO』の撮影現場の様子をお届け

名越稔洋氏が撮り、ZEEBRAが演じる! 『龍が如く 見参!』オープニングテーマ『BUSHIDO』の撮影現場の様子をお届け

2008/1/26

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ZEEBRAが本格的な殺陣に挑戦!

 

 セガから2008年3月6日発売予定のプレイステーション3用ソフト『龍が如く 見参!』。本作はゲームのオープニングテーマを、ジャパニーズヒップホップ界の重鎮ZEEBRAが手掛けることでも話題を呼んでいる(関連記事はこちら)。この、『龍が如く 見参!』とZEEBRAのコラボレーション楽曲『BUSHIDO』が、ソフト発売の前日、2008年3月5日にポニーキャニオンから30000枚限定で発売されることが決定した。『BUSHIDO』はCDとDVDの2枚組となっており、DVDには『龍が如く』シリーズの総合監督である名越稔洋氏が手掛けたミュージッククリップを収録。音だけでなく映像の面でもゲームの世界にこだわった作品となっている。

 

 先日、そのミュージッククリップのハイライトである、殺陣(たて)シーンの撮影が都内のスタジオで行われた。ZEEBRAはゲームの主人公”桐生一馬之助”と同じ着流し姿で、身も心も武士になりきって演技に挑戦。鋭い眼光で相手を見据えながら華麗な身体捌きを披露し、迫力のアクションシーンを演じきった。
 

▲名越氏(右)とZEEBRA(左)が、ゲームに続いて映像でもコラボレーション!

 

▲ほぼぶっつけ本番での挑戦となった殺陣の撮影。激しい動きに悪戦苦闘しつつも、最後まで演じきった。


▲名越氏のオッケーの掛け声に、スタッフ全員が拍手で応える。現場の緊張感がほどける瞬間だ。


 収録の合間には名越氏とZEEBRAの両名に撮影の感想などを聞くことができた。


▲「逃げのない、いい作品になっていると思う」と、名越氏。

 名越氏は実写映像の作品を手掛けるのが初ということで、「実写作品のひとつひとつ本番を積み重ねていく感じはシビレますね」と、今回の撮影はかなり刺激的な経験になった様子。「CG映像とはまったく違うものだから比較はできないけど、実写の魅力を知っていればCGのほうでもいい絵が撮れると思いますね」(名越)。ゲーム作りの面でも今後の糧となるものが得られたようだ。ミュージッククリップの内容については「ふだんからこういったものを作っている人たちがやらないようなことをうまく取り込めた」と手応えを語り、ZEEBRAの演技についても「最初は手さぐり状態だったが、じょじょに自信を感じさせるようになってきた」と評価。「いまでは彼をモニター越しに観ていると撮りたいカットがつぎつぎと浮かんでくる」と最大の賛辞を贈った。


▲「たぶん、CGというのはスタジオで音楽を作る感じ。実写は1発勝負な部分がライブと似ている」とミュージシャンの視点で名越氏の言葉を分析。

 一方のZEEBRAも「音楽作るときはある意味ひとりよがりなんですよ。でも、今回はもろチームワーク。その中で自分を落としてがんばるのは最高に気持ちいい」と、楽しみながら撮影に挑んでいたようだ。現場では、みずから撮り直しを要求したりと、ひとつひとつのシーンにこだわりの姿勢も見せていたZEEBRA。「もう1回いいですか? って言うのはすごい度胸がいる。俺はこうやって見せるよと宣言して、それに現場の人間全員を巻き込むわけだから」と、音楽をやっているときとはまた違う緊張感があると語った。「歌っているところの撮影はなれているけど、ちゃんとした演技はまだまだ素人だから。そのできない自分と戦うことがある意味で楽しい」(ZEEBRA)。今回のミュージッククリップの仕上がりには名越氏と同様にかなりの手応えを感じているようで、「アワード取りたいですね。MTVアワードとか」とデカイ目標を掲げていた。

 

※『龍が如く 見参!』の公式サイトはこちら
※ZEEBRAのアーティストサイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

無料コミック更新! 開戦派との交渉はいかに?『まおゆう魔王勇者』50話

人類との戦争“開戦派”を説得するために魔王は獣牙族の銀虎公と、勇者は蒼魔族の蒼魔王と面会するがよい成果は見られなかった。そこで勇者は次の一手に出る――。

無料コミック更新! すべてのはじまりの場所へ……『STEINS;GATE 永劫回帰のパンドラ』6話

ラジオ会館へ向かった岡部倫太郎と比屋定真帆。牧瀬紅莉栖を救えなかった事実を抱える岡部は、再びあの現場へ足を踏み入れることになるが……。

無料コミック更新! カイトの元に賢者から果たし状!?『天動のシンギュラリティ』9話

「賢者」の一員である天童カイト(第七の賢者)の元に果たし状が届く。送ったのは、カイトをよく思っていない「蒼き求道の剣士」こと「第十一の賢者」だった。魔導師と剣士の戦いが今、はじまろうとしていた――。

無料コミック更新! まだまだ続く運動会! 鎮守府は大騒ぎ!『艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!』60話

運動会といえば、障害物競争に玉入れなどなどありますが、鎮守府らしいアレンジを加えたちょっと(?)特殊な種目が目白押し。「赤城チーム」と「榛名チーム」いったいどちらが勝つのかな!?

『魔法科高校の劣等生 Out of Order』ストーリーモード、登場キャラ“ピクシー”、限定版封入衣装などの最新情報が公開

バンダイナムコゲームスは、2014年12月25日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『魔法科高校の劣等生 Out of Order』について、ストーリーモードやキャラクターなどの最新情報を公開した。

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

『デジモンストーリー サイバースルゥース』の最新情報をチェック 主人公を助ける女探偵とは!?

バンダイナムコゲームスは、2015年発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『デジモンストーリー サイバースルゥース』の最新情報を公開した。

『メトロ リダックス』オリジナル版と『リダックス』の比較映像をファミ通.com先行で公開

スパイク・チュンソフトから2014年10月30日に発売予定のプレイステーション4、Xbox One用ソフト『メトロ リダックス』。同作とオリジナル版の比較映像をファミ通.comのスパイク・チュンソフト特設サイトにて先行で公開する。

“デジタルコンテンツ EXPO 2014”ではSFの世界が現実のものに! 最先端の技術とアイデアが結集した展示会をリポート【動画あり】

経済産業省とデジタルコンテンツ協会は、“デジタルコンテンツ EXPO 2014”を、2014年10月23日から26日までの4日間、東京都江東区の日本科学未来館で開催している。ここでは、本日10月23日に行われたプレス向け内覧会の模様をお伝えしよう。

『進撃の巨人』より巨人化した主人公“エレン・イェーガー”がプラモデルとなって登場

ホビーメーカー壽屋は、テレビアニメ『進撃の巨人』より、“エレン・イェーガー 巨人Ver.”のフルアクションプラモデルを2015年2月に発売する。販売価格は4600円[税抜]。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS