携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 名越稔洋氏が撮り、ZEEBRAが演じる! 『龍が如く 見参!』オープニングテーマ『BUSHIDO』の撮影現場の様子をお届け

名越稔洋氏が撮り、ZEEBRAが演じる! 『龍が如く 見参!』オープニングテーマ『BUSHIDO』の撮影現場の様子をお届け

2008/1/26

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ZEEBRAが本格的な殺陣に挑戦!

 

 セガから2008年3月6日発売予定のプレイステーション3用ソフト『龍が如く 見参!』。本作はゲームのオープニングテーマを、ジャパニーズヒップホップ界の重鎮ZEEBRAが手掛けることでも話題を呼んでいる(関連記事はこちら)。この、『龍が如く 見参!』とZEEBRAのコラボレーション楽曲『BUSHIDO』が、ソフト発売の前日、2008年3月5日にポニーキャニオンから30000枚限定で発売されることが決定した。『BUSHIDO』はCDとDVDの2枚組となっており、DVDには『龍が如く』シリーズの総合監督である名越稔洋氏が手掛けたミュージッククリップを収録。音だけでなく映像の面でもゲームの世界にこだわった作品となっている。

 

 先日、そのミュージッククリップのハイライトである、殺陣(たて)シーンの撮影が都内のスタジオで行われた。ZEEBRAはゲームの主人公”桐生一馬之助”と同じ着流し姿で、身も心も武士になりきって演技に挑戦。鋭い眼光で相手を見据えながら華麗な身体捌きを披露し、迫力のアクションシーンを演じきった。
 

▲名越氏(右)とZEEBRA(左)が、ゲームに続いて映像でもコラボレーション!

 

▲ほぼぶっつけ本番での挑戦となった殺陣の撮影。激しい動きに悪戦苦闘しつつも、最後まで演じきった。


▲名越氏のオッケーの掛け声に、スタッフ全員が拍手で応える。現場の緊張感がほどける瞬間だ。


 収録の合間には名越氏とZEEBRAの両名に撮影の感想などを聞くことができた。


▲「逃げのない、いい作品になっていると思う」と、名越氏。

 名越氏は実写映像の作品を手掛けるのが初ということで、「実写作品のひとつひとつ本番を積み重ねていく感じはシビレますね」と、今回の撮影はかなり刺激的な経験になった様子。「CG映像とはまったく違うものだから比較はできないけど、実写の魅力を知っていればCGのほうでもいい絵が撮れると思いますね」(名越)。ゲーム作りの面でも今後の糧となるものが得られたようだ。ミュージッククリップの内容については「ふだんからこういったものを作っている人たちがやらないようなことをうまく取り込めた」と手応えを語り、ZEEBRAの演技についても「最初は手さぐり状態だったが、じょじょに自信を感じさせるようになってきた」と評価。「いまでは彼をモニター越しに観ていると撮りたいカットがつぎつぎと浮かんでくる」と最大の賛辞を贈った。


▲「たぶん、CGというのはスタジオで音楽を作る感じ。実写は1発勝負な部分がライブと似ている」とミュージシャンの視点で名越氏の言葉を分析。

 一方のZEEBRAも「音楽作るときはある意味ひとりよがりなんですよ。でも、今回はもろチームワーク。その中で自分を落としてがんばるのは最高に気持ちいい」と、楽しみながら撮影に挑んでいたようだ。現場では、みずから撮り直しを要求したりと、ひとつひとつのシーンにこだわりの姿勢も見せていたZEEBRA。「もう1回いいですか? って言うのはすごい度胸がいる。俺はこうやって見せるよと宣言して、それに現場の人間全員を巻き込むわけだから」と、音楽をやっているときとはまた違う緊張感があると語った。「歌っているところの撮影はなれているけど、ちゃんとした演技はまだまだ素人だから。そのできない自分と戦うことがある意味で楽しい」(ZEEBRA)。今回のミュージッククリップの仕上がりには名越氏と同様にかなりの手応えを感じているようで、「アワード取りたいですね。MTVアワードとか」とデカイ目標を掲げていた。

 

※『龍が如く 見参!』の公式サイトはこちら
※ZEEBRAのアーティストサイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

「『刀剣乱舞』の可能性を感じて」――舞台『刀剣乱舞』開幕! 刀剣男士が戦い、葛藤し、躍動する濃密な2時間

舞台『刀剣乱舞』が、本日より東京・シアター1010で開幕! 初回公演前に行われた、報道陣・関係者向けのゲネプロ公演をリポートする。

新作MMORPG『BLESS(仮)』が発表! 日本一壮大なPvPコンテンツを目指す

ゲームオンのオフラインイベント“Pmang感謝祭”にて、新タイトルのPC用MMORPG『BLESS(仮)』が発表。

本日(2016年5月3日)20時配信の『今井麻美のニコニコSSG』は『バレットガールズ2』をプレイ!

本日(2016年5月3日)20時配信の『今井麻美のニコニコSSG』では、プレイステーション Vita用ソフト『バレットガールズ2』をミンゴスが実況プレイ! さらに、SSGアンテナのコーナーもお届けします!!

『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』まずはPS4版の日本発売が決定

人気ミリタリーFPSシリーズ最新作『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』のPS4版国内発売が決定。

スクウェア・エニックスモントリオールが『Hyper Light Drifter』の開発者が率いる新チームを設立。『Fez』プログラマーも参加

アクションアドベンチャーゲーム『Hyper Light Drifter』などを開発したTeddy Diefenbach氏が、スクウェア・エニックスモントリオールでクリエイティブ・ディレクターに就任し、新プロジェクトを進めることを発表した。

『コール オブ デューティ 4: モダン・ウォーフェア』リマスター版の製品仕様が公開。単体販売の予定はなし

シリーズ最新作『Call of Duty: Infinite Warfare』限定版に同梱されることが発表された、『Call of Duty: Modern Warfare Remastered』。その詳細が海外公式サイトで公開された。

イベント中に電話や記念撮影!? 今井麻美さんらしさが詰まったシークレットライブをリポート

2016年4月17日、大阪府の某所にて、今井麻美さんの6thアルバム『Words of GRACE』の発売を記念して、シークレットライブイベントが開催された。

『ドラゴンクエストヒーローズII』青海亮太氏&庄知彦氏インタビュー! 気になるマルチプレイやPS Vita版について直撃!!

2016年5月27日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』。本作の開発を手掛けたキーパーソンのおふたりに、気になるアレコレを聞いてみたぞ!

『アイドルマスター』韓国実写ドラマ版、オーディション参加者への一般投票受付がスタート

『アイドルマスター』シリーズを題材にした韓国向け実写ドラマについて、オーディション参加者への一般投票受付がスタートした。