携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> クラブニンテンドーの2007年度プラチナ会員特典が判明! 目玉は”Wii スーパーファミコン クラシックコントローラー”

クラブニンテンドーの2007年度プラチナ会員特典が判明! 目玉は”Wii スーパーファミコン クラシックコントローラー”

2007/11/16

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●スーパーファミコンのコントローラーの形を再現

 

 任天堂が展開する会員制ポイントサービス”クラブニンテンドー”の、2007年度プラチナ会員特典の詳細が明らかになった。今回用意された特典は、”Wii スーパーファミコン クラシックコントローラー”、”『スーパーマリオギャラクシー』サウンドトラック プラチナバージョン”、”任天堂公式「クラブニンテンドーカレンダー2008」×2冊”の3賞品。応募の対象は2006年10月1日〜2007年9月30日の1年間で400ポイント以上を獲得したプラチナ会員で、2007年12月2日までに欲しい賞品をひとつ選んで応募することになる。

 

▲スーパーファミコンのコントローラーの形をしたWii用クラシックコントローラー。賞品は2008年4月下旬に届けられる予定。

 

▲『スーパーマリオギャラクシー』サウンドトラック プラチナバージョンは、Wii用ソフト『スーパーマリオギャラクシー』のBGM81曲を収録した2枚組CD。2008年1月下旬お届け予定。

 

▲2007年12月下旬に届けられる予定の任天堂公式「クラブニンテンドーカレンダー2008」×2。マリオを始めとした人気キャラクターのイラストがデザインされたこの卓上カレンダーとともに2008年を駆け抜けよう。

 

 また、”『スーパーマリオギャラクシー』サウンドトラック プラチナバージョン”の2枚のCDの内、28曲を収録した1枚目のCDについては、ポイント引換プレゼントの新賞品として追加されるので、プラチナ会員以外の人も要チェック!

 

▲こちらがポイント引換プレゼントのラインアップに仲間入りした『マリオギャラクシー』のサウンドトラックCD。

 

※クラブニンテンドー公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

SIEやマイクロソフト、バンダイナムコ上海など、注目ゲームメーカーのブースをリポート【ChinaJoy 2016】

日本のゲームファンにもなじみの深いゲームメーカーを中心に、注目ブースをリポート!

やわらか素材のスマホ用VRゴーグル『Merge VR Goggles』が7月30日からTSUKUMOで販売開始

2016年7月29日、リンクスインターナショナルはプレス向けの説明会を開催し、VRゴーグルを取り扱うMerge Labs社との国内総代理店契約を締結したと発表した。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第123回 提督と、吹雪の一撃

『艦これ』の世界を漫画で追体験! 順調に見えた友軍泊地奪還作戦は泥沼の様相に……行くか退くか、水本提督の決断は!?

『ソニックトゥーン ファイアー&アイス』Twitter にて豪華賞品が当たるプレゼントキャンペーンが実施

セガゲームスは、2016年10月27日(木)発売予定のニンテンドー3DS『ソニックトゥーン ファイアー&アイス』のゲーム紹介映像が公開されたことを記念して、ソニック委員会公式Twitterにて豪華賞品が当たるプレゼントキャンペーンを実施した。

『デモンゲイズ2』オープニングムービーと主題歌&3曲の挿入歌を初公開!

角川ゲームスは、2016年10月13日に発売を予定しているプレイステーション Vita用ソフト『デモンゲイズ2』のオープニングムービーと、主題歌&3曲の挿入歌を公開した。

“ペルソナストーカー倶楽部V(ファイブ)”第2回を本日配信!

アトラスは、『ペルソナ』シリーズの公式バラエティ番組“ペルソナストーカー倶楽部”の第2回を、2016年7月29日より配信開始した。

テレビアニメ『オカルティック・ナイン』の最新キービジュアルが公開! 制作発表会の開催も決定

2016年に放送予定のテレビアニメ『オカルティック・ナイン』の最新キービジュアルが公開された。また、2016年8月12日に都内某所にてキャスト陣が出演する制作発表会が開催されることも発表。

日本のインディーゲームシーンを追ったドキュメンタリー映画「Branching Paths(ブランチング・パス)」Steam、PLAYISMにて配信開始

PLAYISMは、日本のインディーゲームシーンを開発者の側から追ったドキュメンタリー映画「Branching Paths(ブランチング・パス)」を配信開始した。