ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



【任天堂】“レボリューション”発表、過去のタイトルすべてが遊べる!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●2006年に発売を予定! 『スマブラ』が本体と同時発売!

▲プロトタイプながらもとうとうレボリューションがお披露目! 他社の新型ハードに比べてかなり小さい!


▲正式発表されたレボリューション。今回はその一部が明らかになった。

 「そしてレボリューションを紹介します!」。そう言って任天堂の岩田社長の手に細長い物体が掲げられた。謎に包まれていた、任天堂の次世代機"コードネーム:レボリューション"が、ついにそのベールを脱いだ瞬間だ。E3のためにぎりぎりで用意されたプロトタイプだという本体は、「任天堂の据え置き型の歴史のなかでも、もっとも小さいもの」(岩田)というとおり、本体はたしかにとてもシンプルかつコンパクト。任天堂の決意を表明するかのようなすっきりとしたデザインになっている。ただし、当日お披露目された本体は、あくまでプロトタイプで、「最終形はこれよりもっと小さくなりまして、DVDケースを3つ重ねたくらいの大きさになりますね」という。

 細かい仕様などはほとんど発表されなかった、レボリューションだが、岩田社長の口からは、同ハードが、メディアとして12センチのDVDを採用しており、アタッチメントをつけてビデオDVDを見ることができる点、オンライン対応で、Wi-Fi機能を搭載している点、512MBのフラッシュメモリに対応している点、SDメモリーカードで拡張できる点、コントローラーが最大4つまでワイヤレスである点などが明らかにされた。

▲カラーバリエーションについても未定。ユーザーの意見などを聞きながら判断していきたいという。会場ではいくつかのサンプルをスクリーンで見ることができた。


 そして、会場をいちばん興奮の渦に巻き込んだのが、下位互換。「下位互換の意味を再定義した」(岩田)という同ハードでは、なんと20年におよぶ任天堂の作品がすべてプレイ可能に! "バーチャルコンソール"と名づけられたシステムにより、過去の作品をダウンロード(購入)して遊ぶことができるのだ。しかも、任天堂のソフト以外のタイトルも、多くが遊べるようになるという。まさに、究極の下位互換が実現したといっても過言ではない。

 「発売されるときは完全なサービスの提供を目指す」というレボリューションが、発売されるのは2006年とのこと。「コアゲーマーから日ごろゲームを親しまないユーザーまで、"オールアクセスゲーミング"で取り組みたいですね」(岩田)と抱負を述べたのだ。

 もちろん「マシンは単なるツール」と断言する任天堂にとって、もっとも重要なのはソフト。会場では、『大乱闘スマッシュブラザーズ』がWi-Fi対応で本体と同時に発売予定であることを発表。さらには、『マリオ』、『ゼルダ』、『ドンキーコング』、『メトロイド』のプロジェクトが動いていることや、Wi-Fi対応タイトルとして、スクウェア・エニックス(開発はゲームデザイナーズ・スタジオ)が『ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル』を開発中であることが明らかになったのだ。ちなみに任天堂の宮本茂氏には「シリーズものはもとより、新しいことにも挑戦してもらう」とのことだったぞ。

▲まだまだ隠されている要素も多そうなレボリューション。その真の全貌が明らかになるのはいつ!?


 「発売されるときは完全なサービスの提供を目指す」というレボリューションが、発売されるのは2006年とのこと。「コアゲーマーから日ごろゲームを親しまないユーザーまで、"オールアクセスゲーミング"で取り組みたいですね」(岩田)と抱負を述べたのだ。 

 レボリューションの全貌がすべて明らかにされたわけではなかった今回の発表会。詳細なマシンスペックやコントローラーについては「後日お話します」と語るのみ。とはいえ、なにか大きな仕掛けをしているのではないか……と期待させずにはおかないレボリューションの発表会だった。

▲専用の台に設置することで、縦置きとして使う。見た目はB5サイズの小型ノートパソコンといったところ?

▲メディアは12センチ光ディスクのDVD。ニンテンドーゲームキューブのソフトはもちろん、音楽CDやDVDなども再生できる。


発表会で判明したコードネーム:レボリューションの事実

・任天堂の歴代据え置き型ハードの中でももっとも小さい。大きさはDVDケースを3つ重ねたくらい

・メディアは12センチの光ディスク。ニンテンドーゲームキューブの8センチディスクや音楽CD、DVDソフトなどを楽しめる

・Wi-Fi機能によりオンラインを実現

・コントローラーはワイヤレス。最大4つまで接続可能

・ふたつのUSB 2.0ポートを設置

・本体カラーは未定

・512MBのフラッシュメモリを内蔵

・SDメモリーカードで拡張可能

・完全下位互換の実現。歴代の任天堂据え置き型ハードで発売された任天堂ソフト、および多くのサードパーティーソフトをダウンロードして楽しめる

・本体と同時に『大乱闘スマッシュブラザーズ』を予定。そのほか、『マリオ』、『ゼルダ』、『ドンキーコング』、『メトロイド』シリーズなども。

・発売は2006年を予定



 

 

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース