携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 10分〜30分で遊べる新しいスタイルの『グランツーリスモHD』

10分〜30分で遊べる新しいスタイルの『グランツーリスモHD』

2006/9/22

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ハイクオリティー版、オンライン版のふたつを収録

 

 SCEのプレイステーション3シアターで、かねてから参考出展されていた『グランツーリスモHD』が12月に発売されることが正式に発表。シリーズの産みの親、ポリフォニー・デジタルの山内一典氏が登壇し、ゲームの説明を行った。

 

 「『グランツーリスモHD』の変化について今日は紹介したいと思います」(山内)

 

 今作は山内氏の言うとおり、これまでのシリーズとは一線を画す内容となっている。モードは大きくふたつあり、ハイクオリティーを追求した『GTHDプレミアム』、オンラインを主眼に置いた『GTHDクラシック』を収録。ソフトが2本入っているというイメージだ。

 

▲本当にこの見たままのクオリティーでゲームに登場する。

 

 『GTHDプレミアム』は、プレイステーション3のスペックをフルに活用したバージョンで、「『グランツーリスモ5』の一端を体験できる作品」(山内)。実際、そのクオリティーの高さは息を呑むほどで、「これまでクルマのデータを作るときは、容量制限があるので、ごまかしながらリアルに作っていたが、プレイステーション3だとすべてを開放できる」と、スイスの山麓を走行する最新映像が披露された。『GTHDプレミアム』の収録カーは、『GT4』と比較するとなんと40倍のデータ量を誇り、これまで1台作るのに1ヵ月だったものが、半年かかるようになったという。収録カーなどは下の表でまとめたが、ダウンロードコンテンツとして30車種、1コースが用意されている。山内氏は「毎日進化していくゲーム」と表現しただけに、ダウンロードコンテンツは続々と追加されそうだ。

 

GTHDプレミアム

収録車種

30台

収録コース

2

ダウンロードコンテンツ

車種:30
コース:1 

 

▲スイスのアイガーという山のふもと。

 

 一方の『GTHDプレミアム』は、完全にオンラインに特化した作品。プレイステーション3のメニュー画面から接続できるプレイステーションストアから750車種、51コース、4500アイテムをダウンロードして遊ぶことになる。対人戦はもちろんのこと、ユーザーどうしがチャットしながら走行会を開催できたり、さらに、開発ツールの一部を公開し、ユーザーがレギュレーションなどを決めた、ユーザー主催のレースも実施できるという。「ユーザーにもゲーム制作に参加してもらいたい」とは山内氏。これも、いままでのゲームになかった試みだ。なお、ダウンロードコンテンツについては、その形態や料金などは詳細をつめている段階だという。
 

GTHDクラシック

収録車種

770台

収録コース

51コース

アイテム

4500 

 

▲ダウンロードできる車種は770以上。1台ずつ課金される?

▲プレイステーション3のプレイステーションストアで購入できる。

 

 「これまでの『GT』シリーズの宿題だったものです」と、このほかにも以下のようなさまざまな新要素が発表された。
●スライドコントロールができるなど、上級者向けの"プロフェッショナルモード"を収録
●来年中のアップデートのどこかで、クルマのダメージの要素を追加
●2006年、2007年の2回のアップデートでAIを進化
●フェラーリをはじめて収録
 
最後のフェラーリについては、単に車種の収録だけでなく、さまざまなコラボレーションを行っていくという。
 

▲待望のフェラーリがついに収録。

 
 「プレイステーションの『GT』を遊んでいた当時は、100時間以上プレイするのが当たり前だったけど、最近はゲームスタイルがかわりつつある。『GTHD』は新しいスタイルも提案する考えで、10分〜30分、気が向いたときにドライビングできるがコンセプトです」(山内)

 今回の作品がシリーズ最新作にして、『GT5』という名称ではない最大の理由がコレ。『グランツーリスモ』シリーズも時代の流れに柔軟に対応しながら確実に進化している。

▲パッケージも公開された。

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『モンでき。』特別企画Vol.60 夏の終わりの漢字テスト!

『モンでき。』特別企画の漢字テスト、最終回!

「バカテス」のnamo先生の! 新作告知っ!!

「バカとテストと召喚獣 SPINOUT! それが僕らの日常。」を 描かれていたnamo先生の、新連載が明日からスタートです! 目つきの悪さにコンプレックスを感じる主人公くんと… ミステリアスなヒロインさんとの…

「狼少年は今日も嘘を重ねる」が新連載!もちろん「艦これ 吹雪、がんばります!」や「ダイショーグン」など続きが気になる最新話も公開!

こんにちはっ! あんこ弐号です。 この前、久しぶりに知り合いからメッセージが届いたんですが、口調がずいぶん馴れなれしい……!? と思っていたら「某プリペイドカード買ってきて」の文面が!! これがウワサの“なりすまし”か〜! 基本煽っていかないスタイルなので、とりあえず無視……。

『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』週刊ファミ通限定のカラーバリエーションを全員公開! 発売お祝いイラストの第3弾(モタさん)も!

週刊ファミ通2014年8月28日発売号では、同日発売の『P4U2』を大特集。本誌限定のダウンロードコンテンツ付録もお見逃しなく!

【今週の週刊ファミ通】『零 〜濡鴉ノ巫女〜』3人の主人公と、注目のゲームシステムを紹介(2014年8月28日発売号)

2014年9月27日に発売される、和風ホラーアドベンチャー『零(ゼロ)』シリーズ最新作『零 〜濡鴉ノ巫女(ぬれがらすのみこ)〜』。週刊ファミ通9月11日号(8月28日発売)の記事では、本作の舞台となる霊山“日上山(ひかみやま)”と、プレイヤーが操作する3人の主人公を紹介!

【今週の週刊ファミ通】もうひとつの『アサシン クリード』がここに! 新しい主人公はなんと“アサシン・ハンター”!! 『アサシン クリード ローグ』(2014年8月28日発売号)

2014年8月28日発売の週刊ファミ通では、『アサシン クリード ユニティ』と並行して開発が進められているプレイステーション3向けソフト『アサシン クリード ローグ』の記事を掲載。

『龍が如く0 誓いの場所』舞台となる時代と主人公に注目!

セガは、週刊ファミ通2014年9月11日号(2014年8月28日発売)にて、プレイステーション4・プレイステーション3用ソフト『龍が如く0 誓いの場所』の最新情報を公開した。

『魔法科高校の劣等生 LOST ZERO(ロストゼロ)』大人気小説を原作にしたRPGが始動

スクウェア・エニックスは、週刊ファミ通2014年9月11日号(2014年8月28日発売)にて、 スマートフォン対応のRPG『魔法科高校の劣等生 LOST ZERO(ロストゼロ)』の最新情報を公開した。

坂口博信氏の新作RPG『テラバトル』はどんなゲームなのか? ついにそのすべてが明らかに!

ミストウォーカーコーポレーションは、週刊ファミ通2014年9月11日号(2014年8月28日発売)にて、スマートフォン向けRPG『テラバトル』の最新情報を公開した。

【週刊ファミ通・イラストコラム】『ネプテューヌ』シリーズのキャラクターデザイナー・つなこ氏が入社したキッカケとは……?(2014年8月28日発売号)

ゲームへの思いをイラストで自由に語っていただく、週刊ファミ通の連載コラム“ゲームのことを思い描く”。第7回のゲストは、『超次元アクション ネプテューヌU』のキャラクターデザインなどで知られる、つなこ氏だ。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS