携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 10分〜30分で遊べる新しいスタイルの『グランツーリスモHD』

10分〜30分で遊べる新しいスタイルの『グランツーリスモHD』

2006/9/22

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ハイクオリティー版、オンライン版のふたつを収録

 

 SCEのプレイステーション3シアターで、かねてから参考出展されていた『グランツーリスモHD』が12月に発売されることが正式に発表。シリーズの産みの親、ポリフォニー・デジタルの山内一典氏が登壇し、ゲームの説明を行った。

 

 「『グランツーリスモHD』の変化について今日は紹介したいと思います」(山内)

 

 今作は山内氏の言うとおり、これまでのシリーズとは一線を画す内容となっている。モードは大きくふたつあり、ハイクオリティーを追求した『GTHDプレミアム』、オンラインを主眼に置いた『GTHDクラシック』を収録。ソフトが2本入っているというイメージだ。

 

▲本当にこの見たままのクオリティーでゲームに登場する。

 

 『GTHDプレミアム』は、プレイステーション3のスペックをフルに活用したバージョンで、「『グランツーリスモ5』の一端を体験できる作品」(山内)。実際、そのクオリティーの高さは息を呑むほどで、「これまでクルマのデータを作るときは、容量制限があるので、ごまかしながらリアルに作っていたが、プレイステーション3だとすべてを開放できる」と、スイスの山麓を走行する最新映像が披露された。『GTHDプレミアム』の収録カーは、『GT4』と比較するとなんと40倍のデータ量を誇り、これまで1台作るのに1ヵ月だったものが、半年かかるようになったという。収録カーなどは下の表でまとめたが、ダウンロードコンテンツとして30車種、1コースが用意されている。山内氏は「毎日進化していくゲーム」と表現しただけに、ダウンロードコンテンツは続々と追加されそうだ。

 

GTHDプレミアム

収録車種

30台

収録コース

2

ダウンロードコンテンツ

車種:30
コース:1 

 

▲スイスのアイガーという山のふもと。

 

 一方の『GTHDプレミアム』は、完全にオンラインに特化した作品。プレイステーション3のメニュー画面から接続できるプレイステーションストアから750車種、51コース、4500アイテムをダウンロードして遊ぶことになる。対人戦はもちろんのこと、ユーザーどうしがチャットしながら走行会を開催できたり、さらに、開発ツールの一部を公開し、ユーザーがレギュレーションなどを決めた、ユーザー主催のレースも実施できるという。「ユーザーにもゲーム制作に参加してもらいたい」とは山内氏。これも、いままでのゲームになかった試みだ。なお、ダウンロードコンテンツについては、その形態や料金などは詳細をつめている段階だという。
 

GTHDクラシック

収録車種

770台

収録コース

51コース

アイテム

4500 

 

▲ダウンロードできる車種は770以上。1台ずつ課金される?

▲プレイステーション3のプレイステーションストアで購入できる。

 

 「これまでの『GT』シリーズの宿題だったものです」と、このほかにも以下のようなさまざまな新要素が発表された。
●スライドコントロールができるなど、上級者向けの"プロフェッショナルモード"を収録
●来年中のアップデートのどこかで、クルマのダメージの要素を追加
●2006年、2007年の2回のアップデートでAIを進化
●フェラーリをはじめて収録
 
最後のフェラーリについては、単に車種の収録だけでなく、さまざまなコラボレーションを行っていくという。
 

▲待望のフェラーリがついに収録。

 
 「プレイステーションの『GT』を遊んでいた当時は、100時間以上プレイするのが当たり前だったけど、最近はゲームスタイルがかわりつつある。『GTHD』は新しいスタイルも提案する考えで、10分〜30分、気が向いたときにドライビングできるがコンセプトです」(山内)

 今回の作品がシリーズ最新作にして、『GT5』という名称ではない最大の理由がコレ。『グランツーリスモ』シリーズも時代の流れに柔軟に対応しながら確実に進化している。

▲パッケージも公開された。

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『World of Warships』を控えるウォーゲーミングジャパンが広島で江田島や大和ミュージアムを巡るバスツアーを実施

ウォーゲーミングジャパンは、春に茨城県の土浦駐屯地で実施した戦車好きを対象にしたリアルお花見イベントに続き、7月26日に“第02回 Wargaming ミリタリーバスツアー in 呉・江田島”を開催した。

【サモンズ攻略】戦場の巨人”ゴリアテ”降臨

24時間限定で挑戦できるイベントダンジョン、”エラの谷”を攻略する。

『Destiniy(デスティニー)』クローズドβテスト、ほぼ毎日プレイインプレッション!!【その9】

新作アクションシューティング『Destiniy(デスティニー)』のクローズドβテストの模様をお届けします!

『鉄拳7』の原田勝弘氏を直撃 “最終決着”は開発陣の決意の現れ【Comic-Con International 2014】

ファミ通.comではセッション直後の『鉄拳』シリーズディレクターの原田勝弘氏を直撃。『鉄拳7』の進捗について、がっつりと話をうかがった。

『Far Cry 4』の舞台となる架空の山岳地帯“キラット”は、いかにしてリアリティーを獲得したか?【Comic-Con International 2014】

開催初日にあたる24日には、ユービーアイソフトによるパネルディスカッション“The Inspiration that Brought FarCry 4’s Kyrat to Life and the Quest for Everest”が行われた。

“『ログ・ホライズン』ラジオ 〜エルダー・テイル通信〜”第8回が配信スタート

『ログ・ホライズン』の原作・アニメに関する最新情報はもちろん、さまざまな『ログホラ』の魅力をお届けするWebラジオ“『ログ・ホライズン』ラジオ 〜エルダー・テイル通信〜”の第8回が配信開始。

【レポートマンガ】ドット絵+パズルRPG+高い戦略性『Tales of the Adventure Company』

マスをタップで開けて冒険するパズルRPG『Tales of the Adventure Company』のレポートマンガをお届け。

女性テンプラーと共闘? 『アサシン クリード ユニティ』コミコン版トレイラーには思わせぶりなシーンが。鬼才ロブ・ゾンビ版アニメーショントレイラーも公開【Comic‐Con International 2014】

Comic‐Con International(コミコン)でユービーアイソフトが開催したパネルディスカッションで、『アサシン クリード ユニティ』の2本のトレイラーが公開された。

【週間PVランキング】発売迫るあのタイトル&始動が決まったこのタイトルが上位に【7/19〜7/25】

今週も気になるニュースとともに、ファミ通.comの週間PVランキング(集計期間:2014年7月19日(土)〜7月25日(金))をお届け!

『ストリートファイター』のセッションで小野義徳氏がヒューゴー姿で暴れまくる【Comic-Con International 2014】

開催2日目にはカプコンによるプログラム“Street Fighter!”が実施。『ストリートファイター』シリーズの最新動向が紹介された。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS