ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



『ポケモンバトルレボリューション』の”コロシアムモード”を紹介!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●ポケトピアを舞台に10のコロシアムがキミを待つ!


 2006年12月14日発売予定のWii用ソフト『ポケモンバトルレボリューション』(5800円[税込])。本作には大きく分けてふたつのモ−ドが存在する。ひとつが、ニンテンドーDSソフト『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』で育てたポケモンどうしを、本作のリアルな画面で対戦できる"DSバトルモード"。そしてもうひとつが、10のコロシアムでポケモンバトルの腕を競い合う"コロシアムモード"だ。今回は、後者"コロシアムモード"について紹介するぞ。

 

 

 

 バトルの舞台となるのは、南の島にあるポケモンのテーマパーク"ポケトピア"だ。プレイヤーは、このポケトピアを訪れたポケモントレーナーとなって、コロシアムバトルを勝ち抜き、ポケトピアのチャンピオンを目指すことになる! バトルは、ポケトピアの中に点在している10のコロシアムで行われるぞ。それぞれのコロシアムにはさまざまなバトルのルールがあり、そのルールに合わせたポケモンの選択や戦略の立てかたが勝利へのカギを握る!

 

ここが、ポケトピア。腕に覚えのあるトレーナーが集まるバトルの楽園だ。

 

ゲートコロシアム

ここでは、あらかじめ用意された"レンタルパス"を使って戦う、"レンタルバトル"が行われているぞ。

 

ウォーターコロシアム

ウォーターコロシアムでは、団体戦である"チームバトル"が行われる。始めにポケモンの出場順を決め、その順番を変えずに戦っていくのだ。

  

サンセットコロシアム

ランダムに提示された12匹のポケモンから出場バトルを選ぶ"セレクトバトル"が行われる。あらゆる相性のポケモンに対応できるかが重要となるぞ。


 

●立ちはだかる強敵、コロシアムリーダー!

 

 各コロシアムの対戦相手として、一般のトレーナーが立ちはだかる。そして、それぞれのコロシアムでバトルを勝ち抜くと登場するのが、強敵のコロシアムリーダーだ。コロシアムリーダーたちは、手持ちポケモンをテーマにしたコスチュームを身にまとっているぞ。

 

コロシアムリーダーのひとり"ルイン"は、みずからが持つ強力なポケモン、ルカリオのコスチュームで登場する。

 

 

●バトルパスとは?

 

 バトルパスは、ポケトピアでバトルにエントリーするために必要なカードだ。プレイヤーは、トレーナーを好きな姿にコーディネートしたり、好きなポケモンをセットしたりして、自分だけのオリジナルのバトルパスが作れるぞ。

 

コロシアムモードは、このバトルパスを作るところから始まるのだ。

 

『ダイヤモンド・パール』のポケモンのデータを『ポケモンバトルレボリューション』の世界に読み込んで、活躍させることができるのだ。

 

ポケモンのデータを読み込んだら、バトルパスを作成。パスのデザインを決め、トレーナーをセットするのだ。トレーナーのベースとなるデザインは、男女別に数種類用意されているぞ。

 

オリジナルパスを作ったら、パスにポケモンを"ピックアップ"(セット)しよう。

 

 

●自分だけのトレーナーを作り出そう!

 

 本作には、髪型や服装、装飾品など、無数のコーディネート・パーツが用意されている。これらを自由に組み合わせて、自分だけのトレーナーにカスタマイズをしよう。

 

 

バトルパスのスタイルが、そのままコロシアムのバトルで戦うプイレイヤーの分身となるぞ。また、バトルが始まるときや、ポケモンをくり出したとき、勝利したときなど、バトルの決めゼリフを入力することもできるのだ。

 

 

コロシアムモードでは、それぞれのコロシアムでのバトルに勝ち抜くことで、"ポケクーポン"と呼ばれる賞金が手に入る。"ショップ"では、ポケモンに持たせる貴重な"どうぐ"や"きのみ"を、ポケクーポンで買うことができるぞ。

 

※ポケットモンスターオフィシャルサイトはこちら。

 

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

ポケモンバトルレボリューショ ン

ポケモン
対応機種 Wii
発売日 2006年12月14日発売予定
価格 5800円[税込]
ジャンル RPG / 対戦
備考 ニンテンドーWi-Fiコネクション対応

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース







週間アクセスランキング

週間アクセスランキング

1位:
『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- X』×AIR DOコラボ、いよいよスタート! オーディオプログラムではryo(supercell)、livetuneの書き下ろし楽曲がいち早く聴ける
2位:
『Life Is Strange』時を巻き戻すことで、どんな未来がひらけるのか!?【ファミ通EE】
3位:
『シャリーのアトリエ Plus 〜黄昏の海の錬金術士〜』“黄昏”を紐解く4つのキーワードとは? ボス“獣王の覇者”も初公開
4位:
【闘会議2016】『追憶の青』Wright Flyer Studios新作がヒットの予感
5位:
【闘会議2016】一ノ瀬翠&ランズベリー・アーサー司会のDMMステージで新情報ぞくぞく!
6位:
『ワールド オブ ファイナルファンタジー』中文版のデモプレイを世界初披露 ユウナとのバトルが白熱して……【台北ゲームショウ2016】
7位:
伊藤賢治氏プロデュースの『聖剣伝説』25周年記念ライブをリポート! トークパートでは石井浩一氏らが思い出を語る
8位:
【闘会議2016】会場来場者は4万7588人、イベント総計ネット来場者は940万人を記録
9位:
JAGMOによるRPG楽曲オーケストラや、『BEMANI』ライブ、さらにはファミコン×ヴァイオリン!? ゲーム音楽ステージ初日リポート【闘会議2016】
10位:
名越稔洋氏が『龍が如く6(仮題)』先行体験版の注目ポイントを語る【台北ゲームショウ2016】

集計期間:2016-02-01〜2016-02-07