ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



新アクションでバトルを有利に! 『ガンダムバトルロワイヤル』

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●SPゲージがキモになる!!

 『機動戦士ガンダム』の世界を見事に再現し、人気を博したアクションゲーム『ガンダムバトルタクティクス』。この作品をベースに、大幅な進化を遂げた新作アクションゲームが『ガンダムバトルロワイヤル』だ。今回は新システム"チャージ行動"について紹介しよう。これは、敵を倒したり、時間が経過することで増加していく"SPゲージ"を、規定数使用することで行える特殊アクション。その種類は"SPアタック"、"チャージ格闘"、"チャージ射撃"、"チャージブースト"の4つに分類されるのだ。

 

SPアタック

ガンダムバトルロワイヤル

各キャラクター固有のド派手な技が炸裂するSPアタック。必殺技のような感覚で使うことができる、高威力の攻撃手段だ。技の特性を覚えて、「ここぞ!」というときに使え!!

 

チャージ格闘

ガンダムバトルロワイヤル

アッパーや斬り上げなどで、相手を空中に浮かせられるようになるチャージ行動がコレ。チャージ格闘で攻撃をしたあとに、空中コンボを狙う、といった戦法が可能になるぞ。

 

チャージ射撃

ガンダムバトルロワイヤル

主兵装である射撃武器を、より強化して放つことができるのがこのチャージ射撃。一部の武器では、見た目も大きく変わるぞ。

 

チャージブースト

ガンダムバトルロワイヤル

一定距離を通常よりも高速で移動することができるアクション。敵弾の回避に使うだけでなく、ヒット&アウェイなどの戦法を駆使するうえでも役に立つぞ。

 
※詳しくは週刊ファミ通9月15日号(9月1日発売)をチェック!!

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

ガンダムバトルロワイヤル

バンダイナムコゲームス
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売日 2006年10月5日発売予定
価格 5040円[税込]
ジャンル アクション / アニメ・ロボット
備考 開発:ベック、アートディンク

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース







週間アクセスランキング

週間アクセスランキング

1位:
『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- X』×AIR DOコラボ、いよいよスタート! オーディオプログラムではryo(supercell)、livetuneの書き下ろし楽曲がいち早く聴ける
2位:
『Life Is Strange』時を巻き戻すことで、どんな未来がひらけるのか!?【ファミ通EE】
3位:
『シャリーのアトリエ Plus 〜黄昏の海の錬金術士〜』“黄昏”を紐解く4つのキーワードとは? ボス“獣王の覇者”も初公開
4位:
【闘会議2016】『追憶の青』Wright Flyer Studios新作がヒットの予感
5位:
【闘会議2016】一ノ瀬翠&ランズベリー・アーサー司会のDMMステージで新情報ぞくぞく!
6位:
『ワールド オブ ファイナルファンタジー』中文版のデモプレイを世界初披露 ユウナとのバトルが白熱して……【台北ゲームショウ2016】
7位:
伊藤賢治氏プロデュースの『聖剣伝説』25周年記念ライブをリポート! トークパートでは石井浩一氏らが思い出を語る
8位:
【闘会議2016】会場来場者は4万7588人、イベント総計ネット来場者は940万人を記録
9位:
JAGMOによるRPG楽曲オーケストラや、『BEMANI』ライブ、さらにはファミコン×ヴァイオリン!? ゲーム音楽ステージ初日リポート【闘会議2016】
10位:
名越稔洋氏が『龍が如く6(仮題)』先行体験版の注目ポイントを語る【台北ゲームショウ2016】

集計期間:2016-02-01〜2016-02-07