ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



『龍虎の拳 〜天・地・人〜』懐かしの対戦格闘ゲームが復活!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

名作対戦格闘ゲームが復活!

 

 ネオジオの名作対戦格闘ゲーム『龍虎の拳』シリーズがひとつになってプレイステーション2に登場! このソフトには、'92年に登場した初代『龍虎の拳』と、その続編『龍虎の拳2』、さらには他機種への初移植となる『龍虎の拳外伝』が収録されているぞ。本作の特徴のひとつである気力を溜めて必殺技を放つ"気力システム"や、迫力の対戦を演出する"拡大縮小機能"などを完全再現。さらに新要素として、キャラクターのカラーエディット機能や自宅にいながら全国の猛者との対戦が楽しめるオンライン対戦も搭載されているのだ。ゲームセンターを超える興奮を味わえ!!

 

▲画面は初代『龍虎』。すべてはここから始まった!

 

▲画面は『龍虎の拳2』。前作で誘拐された主人公リョウの妹ユリがプレイヤーキャラクターとして参戦し、当時話題になったのだ(左)。さらに、前作でMr.カラテとして登場したタクマが、『龍虎の拳2』ではプレイヤーキャラクターとして登場!

 

▲画面は『龍虎の拳外伝』。写真では伝わりにくいが、滑らかなキャラクターの動きは当時のユーザーを驚かせたのだ。

 

▲キャラクターカラーを自由にカスタマイズしてオンライン対戦に挑め!

▲オンライン対戦で勝利を積み重ねてランキング1位を目指そう。

 

 

●『龍虎の拳』シリーズとは?

 

 '92年に登場した初代『龍虎の拳』は、のちに登場する対戦格闘ゲームに多大な影響を与えた作品だ。たとえば、ストーリーを重視したCPU戦、攻防の駆け引きを生み出した"気力ゲージ"の採用や、対戦格闘ゲーム初の"超必殺技"の導入、さらには殴られるたびにキャラクターの顔が腫れる演出など、当時としては画期的なシステムが搭載されていた。'94年に登場した『龍虎の拳2』は、新キャラクターを追加したりゲームバランスが調整され、対戦ブームを盛り上げた作品のひとつだ。そして、'96年登場の『龍虎の拳外伝』は、リアルで自然なアクションを可能にする技術、"モーションキャプチャー"を2D対戦格闘ゲームとして初めて取り入れたり、獲得したラウンド数に関わらず、無条件で勝ち抜きとなる"アルティメットK.O."システムを導入した意欲作だった。

 

 

▲『龍虎の拳』シリーズといえばコレ。必殺技などで女性キャラクターをKOすると服が破けるのだ! このために気力を溜めていた人も多かったのでは?

 

▲ボーナスステージの結果に応じて体力や気力ゲージを増やせるといった要素も、『龍虎の拳』シリーズならではだ。

 

▲対CPU戦で超必殺技を使用するにはボーナスステージの"超必殺技伝授"をクリアーしなければならないぞ。

▲モーションキャプチャーを採用した『龍虎の拳外伝』。リョウに代わってライバルのロバートが新主人公になったことでも話題になった。

 

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

龍虎の拳〜天・地・人〜

SNKプレイモア
対応機種 プレイステーション2
発売日 2006年5月11日発売予定
価格 5040円[税込]
ジャンル アクション / 格闘
備考 マルチマッチングBB対応

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース