携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』2010年3月18日開戦

2009/12/4

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●2010年3月18日開戦

 

01のコピー

 

  半世紀以上にもわたる戦いの時代を描き続ける『メタルギア ソリッド』(以下、『MGS』)シリーズ。その歴史の中で、ときに伝説の戦士として、ときに強大な敵として登場する男、“BIGBOSS(ビッグボス)”ことネイキッド・スネーク。本作は彼を主人公に、’70年代の米ソ冷戦の陰でくり広げられた戦いを描くシリーズ最新作だ。今回は新たなキャラクターグラフィックを中心に最新画像を紹介していく。

 

33
32
34

 

 

●男の新たな戦いが幕を開ける

 

 個性的な登場人物たちが紡ぎ出す人間ドラマは、シリーズの根幹を成す要素のひとつ。多彩な武器や体術を駆使してのアクションや、細部まで設計され、描き込まれたマップと並ぶ大きな魅力のひとつでもある。もちろん本作にも、これまでの作品に引けをとらない魅力的なキャラクターが多数登場し、プレイヤーを物語に引き込んでいく。ここでは、主人公のスネークを筆頭に、スネークとともに戦う人物たちを紹介していこう。また、新たに公開されたステージの一部も併せて紹介しよう。

 

スネーク(声:大塚明夫)

02_スネークのコピー

かつて全面核戦争の危機から世界を救った過去を持つ英雄。伝説的戦士、“ザ・ボス”を倒したことからBIGBOSSとも呼ばれる。その後、軍の在りかたに疑問を抱き、“国境なき軍隊”を組織する。

03
04

 

パス(声:水樹奈々)

09_

平和を愛するコスタリカの少女。突如現れた謎の武装勢力に囚われていた。脱出後、ガルベスとともにスネークのもとを訪れ、武装勢力の排除を依頼する。パスという名はスペイン語で“平和”の意味。

11
12

 

ミラー(声:杉田智和)

08_ミラー

"国境なき軍隊”の実質的運営を行う、スネークのパートナー的人物。米軍占領下の日本で、GHQの将校と日本人女性のあいだに生まれる。自衛隊に所属していたが除隊し、その後スネークと出会う。

 

ガルベス(声:大塚芳忠)

15_ガルベス

赤い義手を持つパスの恩師。コスタリカの国連平和大学で、数10年平和を説いてきたらしい。パスの願いを聞き、“国境なき軍隊”に謎の武装勢力の調査と排除を依頼する。

14

 

 

●失われた歴史がいま明かされる

 

 いまだにその目的も、敵か味方かさえも謎に包まれている人物たち。セシールやアマンダ、ストレンジラブなどの美女が目をひくが、少年チコや、オタコンを彷彿とさせる風貌をしたヒューイなど、物語の詳細とともに大いに気になる存在だ。これまでに公開された情報からその素性に迫ってみよう。

 

コールドマン(声:麦人)

16_コールドマンのコピー

いかにもひと癖ありそうな初老の男。コードネームのような名前だが、本名なのだろうか? 現在公開されているトレーラー映像から、後頭部にピースマークが刻まれていることが判明している。

 

セシール(声:小林ゆう)

20_セシールのコピー 

名前以外は、いまのところすべてが不明の謎の女性。服装からは軍人というよりも、ジャーナリスト、あるいは民間戦闘員といった印象を受ける。名前から、出身はヨーロッパと予想される。

19

 

 

ストレンジラブ(声:菊地由美)

 21_ストレンジラブのコピー

クールでミステリアスな印象の女性。詳細はいまのところ不明。名前は映画からの引用だろうか。小島監督いわく“裏のヒロイン”。胸につけた認識章に、“PS”というアルファベットが確認できる。

 

ヒューイ(声:田中秀幸

22_ヒューイのコピー 

車椅子に乗った科学者風の男性。胸にストレンジラブと色違いの認識票をつけていることから、同じ組織の所属だと思われる。時代的にはオタコンの父親あたりの世代だが……。

 

チコ(声:井上喜久子)

28_チコのコピー 

兵士のようにも見える純朴そうな少年。東京ゲームショウのステージイベントでは、アマンダの弟だという情報が明らかにされていたが……。

27

 

 

アマンダ(声:朴※美)※は王へんに路

30_アマンダのコピー 

意志の強さを感じさせる鋭い目つきが印象的な女性。葉巻をたしなむようだ。首に巻いているスカーフは、チコのものと似ているようにも見える。服装を見る限り、軍事関係者のようだが……。

29

 

※詳しくは週刊ファミ通2009年12月17日号(2009年12月3日発売)をチェック!

メタルギア ソリッド ピースウォーカー

KONAMI
対応機種 PSP
発売日 2010年3月18日発売予定
価格 5229円[税込]
ジャンル アクション / 戦略諜報
備考 監督・ゲームデザイン:小島秀夫、脚本:小島秀夫、村田周陽、助監督:松花賢和、プロデューサー:小島秀夫、今泉健一郎、アートディレクター:新川洋司

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

アーケード音楽ゲーム『crossbeats REV. SUNRISE(クロスビーツレヴ サンライズ)』の稼動記念イベント開催! 多くのゲストとファンが駆けつけた

2016年5月21日に行われた、アーケード音楽ゲーム『crossbeats REV. SUNRISE』の稼動記念イベントの模様をリポートする。

【先出し週刊ファミ通】『オーバーウォッチ』21人のヒーローのワンポイントレッスンをお届け(2016年5月26日発売号)

世界同時発売&サービスが開始されたオンライン専用のチーム対戦型アクションシューティング『オーバーウォッチ』。21人のヒーローの特徴をわかりやすく解説。

『オーバーウォッチ』コミュニティページ公開! 発売記念キャンペーンも実施

スクウェア・エニックスは、米国ブリザード・エンターテインメント社が制作し、本日発売日を迎えた『オーバーウォッチ』日本語版の公式ホームページにて、コミュニティページを公開。また、同ページにて発売記念キャンペーンを実施する。

【先出し週刊ファミ通】DLC福袋で、『プロ野球 ファミスタ リターンズ』と『モンスターハンター フロンティアG』のお役立ちアイテムをお届け!(2016年5月26日発売号)

週刊ファミ通2016年6月9・16日合併号(2016年5月26日発売)のダウンロードコンテンツ福袋も大充実。気になる中身をご紹介!

『オーバーウォッチ』がついに全世界同時発売! 本日20時から急遽ニコニコ生放送を実施【ファミ通EE】

ブリザード・エンターテイメント社のチーム対戦型シューター『オーバーウォッチ』(PS4向け日本語吹替版はスクウェア・エニックスが発売)が本日(2016年5月24日)全世界同時発売! 本日20時からはニコニコ生放送、YouTubeのスクウェア・エニックスチャンネルでライブ配信も行われる。

【先出し週刊ファミ通】ビビも登場!『ワールド オブ ファイナルファンタジー』の世界をおびやかすバハムート軍とは?(2016年5月26日発売号)

グリモワルと呼ばれる世界を冒険する『ワールド オブ ファイナルファンタジー』。さまざまな『ファイナルファンタジー』シリーズのキャラクターが参戦する本作に、『IX』よりビビが登場! また、主人公たちの前に立ちはだかるバハムート軍の情報もお伝えしよう。 

『ドラゴンクエストX』中国でのサービスが決定、日本サーバーとは別でサービス予定

スクウェア・エニックスよりサービス中のオンラインRPG『ドラゴンクエストX オンライン』について、中国でのサービスが決定したことが発表された。

【先出し週刊ファミ通】『クラシックダンジョン 戦国』で有名武将と探索しよう!(2016年5月26日発売号)

ドット絵のグラフィックとレトロなサウンドが特徴の『クラシックダンジョン』シリーズ。最新作の序盤のポイントをチェックしよう。

【先出し週刊ファミ通】編集者が選ぶ思い出のゲーム 第3弾はここ10年に出たハードから!(2016年5月26日発売号)

週刊ファミ通2016年6月9・16日合併号(2016年5月26日発売)では、ファミ通30周年企画がスタート。編集者が選ぶ思い出のゲームを紹介します。

【先出し週刊ファミ通】『プラスティック・メモリーズ』がプレイステーション Vitaでリリース決定(2016年5月26日発売号)

2015年に放送されたテレビアニメ『プラスティック・メモリーズ』がプレイステーション Vita用ソフトとなってリリースされることが明らかになった。