携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『ファイナルファンタジーXIII』バトルシステムに迫る

2009/3/28

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
「ファミ通チョイス」とはファミ通グループが、とくにおすすめするゲームタイトルです。

●バトルシステムの基本を解説

 宙空に浮かぶ未来都市“コクーン”と、未開の大地“パルス”のふたつの世界を舞台にした物語が展開するRPG、『FFXIII』。本作では、重い使命を背負った女性主人公ライトニングと、その仲間たちの壮絶な戦いが描かれていく。今回はムービーシーンのほか、バトルシステムの情報を公開。これまでの情報と合わせ、各種ゲージの詳細などを徹底的に解析していこう。また、本作の主要キャラクター4人の声優が公開された。主役であるライトニングは坂本真綾さん、スノウは小野大輔氏、ヴァニラは福井裕佳梨さん、サッズは江原正士氏とのことだ。

01

ライトニングたちが乗る列車を空から襲撃する聖府軍。巨大な敵を前に、ライトニングが手にしたのは身の丈ほどもありそうなバズーカ砲だ。彼女は元軍人というだけあり、こういった兵器の扱いには慣れている様子。

 
02
03

激しさを増す、コクーン市民と聖府軍の銃撃戦。軍の兵士が見守る中、稲妻のようなものを発する円形の物体から飛び出したのは、四つ足のモンスターだった。聖府軍は戦力としてモンスターを使役しているのだ。





●“時間”が勝敗を分けるリアルタイムバトル

 ついに『FFXIII』のバトルシステムの全容が露わになってきた。バトル画面のレイアウトは洗練され、新鮮な印象を受けるが、“たたかう”などのコマンドやタイムゲージは、まさに『FF』。シリーズのファンは違和感なくプレイできそうだ。なお、バトル終了時にはリザルト画面が表示され、その戦闘における評価を教えてくれる。


1】タイムゲージを軸としたバトル 

04

本作のバトルは、基本的にリアルタイムで進行する。時間の経過とともにタイムゲージ(上の写真では、3つに区切られている一番長いゲージ)が溜まっていき、必要な量まで溜まるとコマンドを実行可能になる仕組みだ。なお、従来の“アクティブタイムバトル”と異なり、タイムゲージが最大まで溜まっていなくても、必要量が溜まっていればコマンドを実行できるのが特徴。



【2】コマンドには“コスト”が存在する 
05

すべてのコマンドにはコストが設定されている。コマンドの実行時には、コストに応じた量のタイムゲージが消費されるシステムだ。たとえば上の画面写真の場合、タイムゲージの最大はコスト3に相当するため、コスト1のコマンドなら3つまで実行できる。コスト3のコマンドなら、それひとつでタイムゲージが空になってしまうわけだ。


06

ストックしたコマンドは、タイムゲージの上部に表示される。タイムゲージを最大まで溜めれば、ストックした複数のコマンドを、一気にまとめて実行することも可能だ。また、最大まで溜めたあとコスト1のコマンドをふたつだけ実行し、タイムゲージを温存するということも可能。


07

バトル画面内にはMPを示す表示が見られない。本作では魔法もMPではなく、すべてがコストで管理される可能性もありそうだ。その代わり、たとえば単体魔法のファイアはコスト1だが、全体魔法のファイアはコスト3となっているとおり、強力な魔法ほどより多くのコストが必要となり、連発できない仕組みになっている。



【3】HPとタイムゲージを一覧表示 
08

画面右下には、パーティーメンバー全員のHPとタイムゲージが表示されている。以前に公開されたトレーラーでは、ライトニングとスノウが連携して攻撃しているように見える場面が確認できた。本作では、タイムゲージを確認しつつ、仲間とタイミングを合わせて行動することが重要になってくる可能性もある!?



【4】“チェーン”をつないで“ブレイク”! 
09

敵を連続で攻撃すると、画面右上に表示されたチェーン数とゲージが上昇していき、それとともに敵へのダメージ量も増加していく。さらに、ある程度連続でダメージを与えることで敵が赤く点滅し、“ブレイク”状態に突入する。ブレイクすると、より大きなダメージを与えられるようになるのだ。なお、ゲージ下にある“BONUS”についての詳細は不明。ブレイクを狙う際に重要な数値のようだが?



【5】ブレイクした敵は“うちあげ”が可能 
10
11

ブレイク状態になった敵は、“うちあげ”コマンドで宙高く浮かせることができる。浮かせた敵にはより大きなダメージを与えられるので、ほかのコマンドとうまく組み合わて使えば効果絶大だ。“うちあげ”からの連続攻撃は、ダメージアップが見込めるだけではなく、見た目にも華麗で爽快感バツグン! ただし、大型モンスターなど、“うちあげ”が効かない敵も存在するという。

 
12

こちらはリザルト画面。評価は5段階で、星の数で表現されるようだ。画面右下には“TP BONUS”の表示があることから、バトルで高評価を得るほど、より多くの“TP”を入手できるシステムと推測できるが……? また、TPの詳細は不明だが、過去の『FF』では、アビリティ修得に関連して“AP”や“LP”などがあった。本作の“TP”もそういった数値なのだろうか?



 

ファイナルファンタジーXIII

スクウェア・エニックス
対応機種 プレイステーション3
発売日 2009年発売予定
価格 価格未定
ジャンル RPG / ファンタジー
備考 ディレクター:鳥山求、キャラクターデザイナー:野村哲也、アートディレクター:上国料勇、ムービーディレクター:藤井栄治、メインプログラマー:柏谷佳樹、テーマソング作曲:植松伸夫((有)スマイルプリーズ)、コンポーザー:浜渦正志、プロデューサー:北瀬佳範

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【愛美】「シェリーの意外な姿が見られます」PS Vita『プラスティック・メモリーズ』キャストインタビュー第3弾

2016年10月13日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『プラスティック・メモリーズ』。同作に登場するキャラクターを演じる声優陣に、ファミ通.comが独占インタビューを敢行。9回にわたって、そのインタビューをお届けしていく。第3弾は、シェリー役の愛美さんだ。

【津田健次郎】「どんなゲームになっても、悲しいお話になるんじゃないかと思っていました(笑)」PS Vita『プラスティック・メモリーズ』キャストインタビュー第2弾

2016年10月13日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『プラスティック・メモリーズ』。同作に登場するキャラクターを演じる声優陣に、ファミ通.comが独占インタビューを敢行。9回にわたって、そのインタビューをお届けしていく。第2弾は、縹ヤスタカ役の津田健次郎さんだ。

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第98回)  占い師のデッキが完成間近! 証と必殺技、4獄も楽しみ!

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第98回(通算198回)。

ガンダムヘッドが500円玉サイズの食玩で精密立体化、通常ver.とクリアver.で外装と内部構造を楽しめる!

バンダイ キャンディ事業部は、アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツの頭部を、500円玉サイズで立体化した食玩フィギュアコレクション“機動戦士ガンダム MACHINE HEAD”を、2016年8月30日(火)より発売する。

プレイステーション VRで1ランク上の体験を提供するためのテクニックとチャレンジ【CEDEC 2016】

“CEDEC 2016”“8月24日にVR体験向上チャレンジ!:VRの体験を上げるためのテクニックとチャレンジ”と題して行われた、ソニー・インタラクティブエンタテインメントによるセッションを紹介する。

PC版『シュタインズ・ゲート ゼロ』、DMMで独占配信が本日8月26日よりスタート!

5pb.の人気タイトル『シュタインズ・ゲート ゼロ』のwindows PC版が、本日2016年8月26日より、DMMにて独占配信が開始された。

海辺や砂浜をリアルに体験できる『屋内砂浜 海の子』の魅力とは?【CEDEC 2016】

“CEDEC 2016”8月25日に開催された“子供とバーチャルリアリティー 『屋内砂浜 海の子』による遊具とデジタル技術をミックスしたゲームデザインの新たな方向性について”をリポート。

『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』最新トレーラーは“アントノフ”の最新プレイ動画を公開!

SNKプレイモアは、2016年8月25日発売予定のプレイステーション4用ソフト『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』について、チーム紹介トレーラー第17 弾を公開した。

VR空間でのサウンド演出とは? “VR ZONE Project i Can”での研究成果を報告【CEDEC 2016】

CEDEC 2016で行われたセッション“仮想世界はここにある!『VR ZONE Project iCan 』におけるVR立体サウンド演出”をリポート。

8月26日を“パワプロの日”として記念日登録! これを祝し、KONAMIの野球ゲーム内でキャンペーン開催

KONAMIは、パワ(8)プ(2)ロ(6)の語呂合わせから、毎年8月26日を“パワプロの日”として記念日登録したことを発表した。