携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

新たなヒーローたちの冒険が始まる『ブレイザードライブ』

2008/6/29

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

近未来の”トウキョウ”でブレイザーたちの戦いが始まる

 

 『ブレイザードライブ』は、カードゲームのような奥の深い駆け引きが楽しめる、新機軸の戦闘システムを搭載したRPGだ。物語の舞台は、ステッカーのような形をした新エネルギー“MYSTICKER(ミスティッカ−)”が人々の生活に溶け込んでいる近未来。主人公のシロウは、このミスティッカーを自在に操る異能者“ブレイザー”となったがために命を賭した戦いに駆り出されることになる。

 


プロローグ

環境破壊が進む近未来。環境開発のテストケースとして選ばれた東京23区は、自然と都市の融合をテーマに再開発され、“トウキョウXII区”として生まれ変わっていた。この新たな都市のエネルギー源として採用されたのが、世界的なグループ企業・ネクスト社が開発した“ミスティッカー”である。貼りつけた場所にエネルギーを生み出す、ステッカーのような形状をしたこの新エネルギーは、瞬く間に人々の暮らしの中に溶け込んでいった。ミスティッカーは本来、人体に悪影響を及ぼす存在ではあるが、ある日、ミスティッカーを体に貼りつけることでその力を引き出す者たちが現れ始める。人々は彼らを“ブレイザー”と呼んだ。そして、一部のブレイザーたちによるミスティッカーの悪用が始まる。心あるブレイザーたちは、悪事に手を染めるブレイザーに対処すべく、“ガーディアン”を結成。日々、ブレイザー絡みの事件を追っていた……。


キャラクター原案はマンガ家・岸本聖史

岸本聖史がキャラクター原案とコミック化を担当。ゲームに先駆け、同名のマンガも月刊コミック誌で連載中。



主人公 シロウ

ブレイザーに襲われたことがきっかけで、自身もブレイザーとしての能力に目覚めた男気のある少年。幼少時に幼なじみのタマキと交わした“ある約束”を、いまも変わることなく守り続けている。固有ミスティッカーは炎の剣となって発動する“神狩(テスタロッサ)”。


ヒロイン タマキ

シロウの幼なじみ。幼いころからの知人は、シロウとタマキを“犬猫(シロタマ)”コンビと呼んでいる。固有ミスティッカーは、無数の青いバラで敵を攻撃する“花護(アフロディーテ)”。


謎の男 クロキ

ブレイザーとして覚醒したシロウを、ミスティッカーを悪用する者たちに対抗する組織“ガーディアン”に誘う謎の男。固有ミスティッカーは、悪しき魂を切り裂く“魂狩(ネクロマンサー)”。





左右の腕にミスティッカーを貼りつけて戦え

 バトルは、敵味方が順番にミスティッカーを駆使して行動するターン制で進む。ミスティッカーの使いかたは簡単。下画面の右上に並んでいるミスティッカーの中から使いたいものを選び、タッチペンでドラッグして味方キャラクターの左右の腕に貼りつけるだけだ。また、ミスティッカーには多数の種類があり、効果もさまざま。多彩なミスティッカーを上手に使い分けながら、勝利を目指していこう。



バトル画面をCHECK

上画面には敵キャラクターと行動順を待つ味方(写真の場合はタマキ)が、下画面には行動可能な状態となった味方(写真の場合はシロウ)が表示される。味方の行動順が回ってきた際に、下画面を操作して任意のミスティッカーを使うというのが戦闘の基本的な流れとなる。上下の画面にいくつもの数値が表示されているが、その詳細は不明だ。


ミスティッカーがドライブ!

使いたいミスティッカーを左右の腕のどちらかにドラッグすると、即座にミスティッカーの力が発動する。ミスティッカーの力を有効に活用できるかどうかが、勝敗を大きく左右する。




※詳しくは週刊ファミ通2008年7月11日号(2008年6月27日発売)をチェック!!

 
 

ブレイザードライブ

セガ
対応機種 ニンテンドーDS
発売日 今冬発売予定
価格 価格未定
ジャンル RPG / コミック
備考 キャラクター原案:岸本聖史、プロデューサー:西野 陽、ディレクター:寺田貴治

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

“Xbox FanFest: Sydney 2016” 2日目はオーストラリア屈指の観光名所ボンダイビーチで『Gears of War 4』をプレイ

“Xbox FanFest: Sydney 2016”2日目の9月28日に実施されたのは、『Gears of War 4』のファンイベント。会場となったのは、ダウンタウンからクルマで30分程度のところにある、ボンダイビーチだ。

『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』武器の成長・進化や冒険の拠点“はじまりの街”の詳細をチェック

バンダイナムコエンターテインメントは、2016年10月27日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』について、最新情報を公開。

『Severed(セヴァード)』失った家族を捜し求めて隻腕の少女は剣を振るう

DrinkBox Studiosは、週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)にて、プレイステーション Vita向けダウンロードソフト『Severed(セヴァード)』の最新情報を公開した。

『サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム(基本ゲームパック)』PS VRでドキドキの7日間を満喫!

バンダイナムコエンターテインメントは、週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)にて、『サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム(基本ゲームパック)』の最新情報を公開した。

『ザ クルー』に新たな展開!警察とストリートレーサーのバトルが楽しめる拡張パックが登場

ユービーアイソフトは、週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)にて、『ザ クルー』の拡張パックとなる『コーリング オール ユニット』の最新情報を公開した。

『無双☆スターズ』コーエーテクモゲームスの人気作から多数の“スター”が集い戦う!

コーエーテクモゲームスは、週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)にて、『無双☆スターズ』の最新情報を公開した。

【今週の週刊ファミ通】『無双☆スターズ』の詳細が判明! 『FFXV』や『ダンガンロンパ』などの最新情報も満載!(2016年9月29日発売号)

本日(2016年9月29日)発売の週刊ファミ通2016年10月13日号の表紙を飾るのは、コーエーテクモゲームスの人気キャラが集結した『無双☆スターズ』。『FFXV』やTGS来場者のアンケートをまとめた特集など、読み応えバッチリ!

萩原一至×ベニー松山 『デモンゲイズ2』発売記念対談!!

角川ゲームスより、2016年9月29日に発売されたプレイステーションVita用ソフト『デモンゲイズ2』。発売を記念して、完全無料で今秋配信予定のダウンロードエクストラコンテンツ“柳生斬魔録 -コール・オブ・ザ・グリモダール-”について、“新たなる邪神”のキャラクターデザインを手掛けた萩原一至氏と、シナリオ・監修を担当したベニー松山氏のスペシャル対談を実施! 魅力を存分に語っていただいた。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2016年09月19日〜2016年09月25日

新作の『うたわれるもの 二人の白皇』が前作を上回る滑り出し、連休でハード市場も好調続く

PS4向けアーケードアーカイブスでネオジオ作品が配信決定! 『KOF’94』、『メタルスラッグ』など第1弾5タイトルが年内配信

ハムスターは、同社が展開するプレイステーション4向け“アーケードアーカイブス”において、SNKプレイモアのネオジオタイトルを配信することを発表した。