携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

旅の途中で手に入る“名産品”『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』
【期待の新作特捜隊】

2008/6/14

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

世界中を巡る旅の合間に各地の名産品を集めよう

 

 プレイステーション2版の『ドラゴンクエストV』で登場した名産品が、本作でも登場。名産品とは、世界各地に散らばるお土産アイテムのこと。物語の目的とはべつのお楽しみ要素としてコレクションできるアイテムだ。町やダンジョンなど、いろいろな場所に名産品がある。また、冒険の途中では名産品を飾れる“名産博物館”という場所も発見できる。この博物館には、冒険で集めてきた名産品を飾れるのだ。たくさん名産品を集めれば、見物客も集まってくる。自分が世界中を旅して集めた名産品で、博物館を繁盛させよう。


 

購入や交渉で名産品を入手

名産品の入手方法はさまざま。お土産として売っていたり、ダンジョンの中に落ちていたり。人の頼みを叶えると手に入る場合も。

 

アイテムとして使える名産品も

チゾットのコンパスは、現在自分がいる場所を調べられるアイテム。使うと特殊な効果を得られるものや、装備可能な名産品も登場する。





●世界中で集めてきた名産品を博物館でお披露目

 世界のどこかにある、“名産博物館”。主人公はこの建物の館長となり、世界中から集めてきた名産品を飾ることができる。館内には名産品を置く台があり、自由に名産品を並べられる。まだ名産品が少ないうちは若干寂しい博物館だが、どんどん集めて並べていくと、珍しい品がたっぷりの立派な博物館になっていく。自分なりに名産品の種類や並び順を考えて飾り、ステキに博物館を彩ろう。飾っている名産品が増えるにともない見物客も増えてくるぞ。見物客から教えてもらえる情報で、新たな名産品を入手するチャンスが生まれる可能性も?

 

品の充実で客が集まる

博物館はデスじいという人物が建てたもの。名産品が増えてくると、珍しい品見たさに見物客が集まってくる。どんどん名産品を集めて、名産博物館を人でいっぱいにしたい。

 

すべての台を埋め尽くそう

名産品は、飾るも回収するも自由自在。ただ持っているのではなく、博物館に並べていろんな人に見てもらおう。また、名産品を飾る順番を考えるのも楽しい。手に入れた順に並べてもいいが、自分のセンスが光る配置で名産品を飾りたい。





自分だけのオリジナル名産品をすれちがい通信で交換

 名産品を使って、ほかのプレイヤーとコミュニケーションできるぞ。名産品を”すれちがい通信”で交換することが可能なのだ。博物館の一室でオリジナルの名産品を作り、すれちがい通信で送信できる。オリジナル名産品は、アイテムの見た目や名前、説明文などを自由に設定可能。自分のセンスがキラリと光る、おもしろいアイテム名やメッセージをつけた名産品を作り、送った相手を驚かせよう。無事に名産品のプレゼントに成功すれば、自分にも相手の名産品が届き、ゲーム中に手に入れた名産品とはひと味違う品が自分の博物館に飾られる。何度もすれちがい通信をくり返せば、不思議な名産品たっぷりのオリジナル博物館が誕生するのだ。違う世界からの名産品が集まった博物館を見て、見物客たちがどんな反応をしてくれるのかも楽しみ!


まずはオリジナル名産品作り

見た目を選び、名産品の名前と商品説明を書き込む。そして、作ったオリジナル名産品を、博物館から送信。どんなアイテムが届くかワクワクしながら、すれちがい通信をスタートだ。


すれちがい通信で名産品を発送

すれちがい通信に成功したら、名産品が到着する。さっそく、どんなアイテムかチェックしよう。






※詳しくは週刊ファミ通2008年6月27日号(2008年6月13日発売)をチェック!!

 

 

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

スクウェア・エニックス
対応機種 ニンテンドーDS
発売日 2008年7月17日発売予定
価格 5490円[税込]
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 シナリオ&ゲームデザイン:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、アートディレクション:眞島真太郎、企画・開発:アルテピアッツァ

【期待の新作特捜隊】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

発売日決定からトリコの秘密、そしてVRの印象まで。上田文人氏インタビュー【E3 2016】

アメリカ・ロサンゼルスにて、世界最大のゲーム見本市、E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2016が開催。プレイステーション4用ソフト『人喰いの大鷲トリコ』について、ゲームデザイン及びディレクションを務める上田文人氏にインタビューをする機会をいただいた。

E3 2016記事のPVランキングを30位まで紹介! ファミ通.comで注目を集めたのは、どのタイトルのニュース?【E3 2016】

“E3 2016”関連のニュースの中で、PVが高かった30本の記事をランキング形式で紹介。

堀井雄二氏も大絶賛! “ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”の新たなモンスターや衣装が公開

2016年7月22日より順次、埼玉、福岡、名古屋、大阪、横浜にて上演予定のアリーナショー“ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”。本公演に登場するモンスターや衣装の監修に堀井雄二氏が訪れた際のオフシャルリポートが到着。

『人狼パーティー』女流棋士、プロ雀士、AI研究科。人狼ゲーム愛好家だらけの先行体験会に参加

2016年6月28日、NHN ハンゲームは7月下旬のサービス開始を予定しているPC用ブラウザゲーム『人狼パーティー 〜believe or deceived〜』の関係者向け体験会を開催した。

『討鬼伝2』“ミタマの力 戦闘スタイル”紹介動画を公開!【動画あり】

コーエーテクモゲームスは、2016年7月28日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『討鬼伝2』について、英雄たちの魂“ミタマ”の11種類の戦闘スタイルついて紹介する動画を公開した。

ブロックを組み合わせてマシンを作り、未開の荒野を探索するマルチプレイゲーム『Pioneers』が発表

元Press Playの創設者たちによる新スタジオLightbulb Gamesが、第1弾タイトルとして『Pioneers』を発表した。

“E3 2016”の会場内で『FFXIV』吉田氏にパッチ3.35の全容を直撃!【E3 2016】

E3 2016の会場内で実施された、『FFXIV』吉田直樹プロデューサー兼ディレクターの日本メディア向け合同インタビューの模様をお届け。次期アップデートのパッチ3.35で公開される“ディープダンジョン 死者の宮殿”のさらなる秘密を、今回のプロモーション活動の手応えとともに直撃した。

【先出し週刊ファミ通】『討鬼伝2』相馬と初穂が参戦決定!(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)では、コーエーテクモゲームスのハンティングアクションゲーム『討鬼伝2』の最新情報を公開。

新海誠監督みずからが手掛ける『君の名は。』の原作小説がスピード重版決定! 書籍特設サイトで“試し読み”もできる

2016年8月26日から全国東宝系にて劇場予定の、新海誠監督最新作の『君の名は。』。映画公開に先駆けて、角川文庫より発売された新海誠監督自身の手になる『小説 君の名は。』が、発売からわずか3日でスピード重版が決定。

【先出し週刊ファミ通】DLC福袋で『世界一長い5分間』、『グランブルーファンタジー』、『Caligula -カリギュラ-』などのコンテンツをゲット!(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)のダウンロードコンテンツ福袋も大充実。気になる中身をご紹介!