携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> TVゲーム> 記事

『王様物語』独特の“ワラワラ感”が満載の王様なりきりRPG

2008/4/5

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
「ファミ通チョイス」とはファミ通グループが、とくにおすすめするゲームタイトルです。

プレイヤー=王様の号令で人々が一斉に動き出す

 

 プレイヤーは王様。国民を集めて彼らに指示を出す。いろいろなオシゴトをしてもらい、国を豊かにし、襲い来るモンスターを打ち倒していく……。そんな“王様ライフ”を味わえるRPGが、この『王様物語』だ。そんな本作の、これまで謎に包まれていたゲームシステムの一端がついに明らかになった。


 

主人公 コロボ

ふつうの少年コロボは、ひょんなことから不思議な力を持つ王冠を手に入れる。それは、人々を魅了し、なんでも言うことを聞かせてしまう不思議な力。その力で王様となったコロボは、どんな活躍を見せるのか?


これが『王様物語』のワールド

『王様物語』の舞台となる世界には、8つの国がある。




 

ゲームの流れ

 王国を支える国民あっての王様。世界の統一という壮大な目標も、まずは国民を集めてゾロゾロと従えるところから始まる。国を豊かにするためには、従う国民に指示を出し、道なき道は“かいたく”し、足りないものは“けんちく”する必要がある。国民の生活を脅かすモンスター“ヘンナノ”とは、一丸となって戦おう。

かいたく

国民を増やすためには、国土が必要。土地をならし、穴を掘り、新しいスペースを作り出そう。


けんちく

たとえば川に橋を架ければ、向こう岸にだって行けるようになる。


たたかい

国のまわりの森や平原には、国民の生活を脅かす“ヘンナノ”が生息。強敵だけど、国民をたくさん引き連れて、勝てば王様が成長する?





●国民の“イキザマ”を見よ

 国民のひとりひとりには名前があり、生活があり、仕事がある。個性豊かな国民たちの能力を適材適所に使い分けるのも王様のシゴトだ。国民のワラワラとした暮らしぶりを観察しているだけでも、なんだか楽しくなるのが『王様物語』の特徴となっている。


国民にはライフサイクルがある

『王様物語』の世界には、時間の概念が存在する。夕方なら日が暮れ、夜になれば暗くなる。もちろん、時刻に応じたイベントも発生する。




 
●フシギな王様を懲らしめる

 世界には、主人公コロボの国のほかに“よいどれの国”など7つの国がある。それぞれの国の王様は、個性派揃い。主人公であるコロボが力を蓄えると、叩きのめそうと挑発してくることになる。それぞれの王様には姫がいて、戦いに勝つとその姫を救出できる。


よいどれの国

よいどれの国の王はドブローク。王様との戦いは苛烈だ。周囲を見回し、戦いかたを模索しよう。





●王様の行く手を阻む“ヘンナノ” 


 『王様物語』の世界には、国民の生活を脅かす“ヘンナノ”と呼ばれる不思議なモンスターたちが徘徊している。国民に指示を出してヘンナノを倒さなければ、世界の統一は望めない。


ヘンナノ“オーガ・ガーオ”

大きな包丁を振り回しながら、周囲の敵をなぎ払う敵。顔が上下に回転する。






※詳しくは週刊ファミ通2008年4月18日号(2008年4月4日発売)をチェック!!

 

 

王様物語

マーベラスエンターテイメント
対応機種 Wii
発売日 2008年夏発売予定
価格 価格未定
ジャンル RPG / 生活・冒険
備考 プロデューサー:木村祥朗、ディレクター:川口洋一、AIデザイナー:安永紀和、キャラクターデザイン:皆葉英夫、モンスターデザイン:倉島一幸、エグゼクティブプロデューサー:和田康宏

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

RPG要素を取り入れたFPSの金字塔『System Shock』リメイク版がクラウドファンディングを開始。プレα版デモで試遊も可能

Night Dive Studiosが『System Shock』リメイク版のクラウドファンディングをKickStarterで開始した。

発売日決定からトリコの秘密、そしてVRの印象まで。上田文人氏インタビュー【E3 2016】

アメリカ・ロサンゼルスにて、世界最大のゲーム見本市、E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2016が開催。プレイステーション4用ソフト『人喰いの大鷲トリコ』について、ゲームデザイン及びディレクションを務める上田文人氏にインタビューをする機会をいただいた。

E3 2016記事のPVランキングを30位まで紹介! ファミ通.comで注目を集めたのは、どのタイトルのニュース?【E3 2016】

“E3 2016”関連のニュースの中で、PVが高かった30本の記事をランキング形式で紹介。

堀井雄二氏も大絶賛! “ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”の新たなモンスターや衣装が公開

2016年7月22日より順次、埼玉、福岡、名古屋、大阪、横浜にて上演予定のアリーナショー“ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”。本公演に登場するモンスターや衣装の監修に堀井雄二氏が訪れた際のオフシャルリポートが到着。

『人狼パーティー』女流棋士、プロ雀士、AI研究科。人狼ゲーム愛好家だらけの先行体験会に参加

2016年6月28日、NHN ハンゲームは7月下旬のサービス開始を予定しているPC用ブラウザゲーム『人狼パーティー 〜believe or deceived〜』の関係者向け体験会を開催した。

『討鬼伝2』“ミタマの力 戦闘スタイル”紹介動画を公開!【動画あり】

コーエーテクモゲームスは、2016年7月28日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『討鬼伝2』について、英雄たちの魂“ミタマ”の11種類の戦闘スタイルついて紹介する動画を公開した。

ブロックを組み合わせてマシンを作り、未開の荒野を探索するマルチプレイゲーム『Pioneers』が発表

元Press Playの創設者たちによる新スタジオLightbulb Gamesが、第1弾タイトルとして『Pioneers』を発表した。

“E3 2016”の会場内で『FFXIV』吉田氏にパッチ3.35の全容を直撃!【E3 2016】

E3 2016の会場内で実施された、『FFXIV』吉田直樹プロデューサー兼ディレクターの日本メディア向け合同インタビューの模様をお届け。次期アップデートのパッチ3.35で公開される“ディープダンジョン 死者の宮殿”のさらなる秘密を、今回のプロモーション活動の手応えとともに直撃した。

【先出し週刊ファミ通】『討鬼伝2』相馬と初穂が参戦決定!(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)では、コーエーテクモゲームスのハンティングアクションゲーム『討鬼伝2』の最新情報を公開。

新海誠監督みずからが手掛ける『君の名は。』の原作小説がスピード重版決定! 書籍特設サイトで“試し読み”もできる

2016年8月26日から全国東宝系にて劇場予定の、新海誠監督最新作の『君の名は。』。映画公開に先駆けて、角川文庫より発売された新海誠監督自身の手になる『小説 君の名は。』が、発売からわずか3日でスピード重版が決定。