スマートフォン解析 【艦これ イラストコラム】艦娘及ビ艦船大図鑑 其ノ058 由良/らぐほ - コミニー[Cominy]
執筆者プロフィール
水本正
水本正

漫画やイラスト描いてます。バイクで海へ山へ旅立ちたい欲求に抗ったり、抗えなかったりする日々。軍艦の知識は皆無で、『艦これ』をきっかけに現在勉強中。


DMM.com 特設ページ
角川ゲームス公式サイト

(c)2013 DMM.com/KADOKAWA GAMES All Rights Reserved.

『艦これ』ファンの皆さま、よろしければご自分のWebサイトにこのページへのリンクをお願いいたします!
リンクアドレスは『http://www.famitsu.com/blog/kancolle_ouen/』となります。
また、リンク用のバナー画像を2種類用意しておりますのでご自由にお使いください。

バナー(150x55サイズ)
バナー(150x90サイズ)
ご意見・ご感想はこちらまで



最近のコメント

カテゴリ一覧

2014年09月24日 15:00

【艦これ イラストコラム】艦娘及ビ艦船大図鑑 其ノ058 由良/らぐほ


 提督の皆さま、お疲れ様です! 東京でも朝晩はだいぶ涼しくなってきたせいか、カルロスのまわりでも風邪を引いている人が結構いますが、皆さまも体調に気をつけ艦隊運営に務めるくださいませ。
 さて、今日もイラストコラムにいってみましょう! 今回ご紹介するのは軽巡洋艦『由良』。そしてイラストとコラムを執筆してくださったのは、らぐほ先生! 『由良』は多くの提督が見慣れている艦娘だと思いますが、実際の『由良』はどんな艦だったのでしょうか? それではご覧ください!



※こちらから見開きで大きな画像をご覧いただけます


らぐほのえりかです。

「人は自分の見たいものしか見ない」

これはシェイクスピアの『ジュリアス・シーザー』でも有名なローマの独裁官カエサルの言葉です。

自分の信じたいことを望んで信じてしまう、そんなことを語った一文で、元はラテン語なので日本語にすると微妙にニュアンスが変わってしまいますが。

イラストコラムを描かせていただいてきて、いろいろな状況に遭遇しました。

たとえば、インターネットにないソースに巡り合ったときやその裏付けをとるとき、それが一般的に言われていることと真逆だった時に。

あの本とこの本の記述がまるで違った時、この本の中身を全面的に信じてしまえば楽なんだと思ったこと。

今回の『由良』はそういった意味では戦後70年間に、この艦がどんな「見られ方」をしてきたのかそれをさかのぼっていく旅になった気がしています。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
(らぐほのえりか)


 らぐほ先生による軽巡『由良』はいかがだったでしょうか? 何とも数奇な運命を辿った艦なんですね。
 次はどんな艦が登場するでしょうか? 次回もお楽しみに!! (カルロス



(すべての人に公開)

  • 艦これ

いいね・共有

いいね このブログにいいね!したユーザはまだいません。 このブログについて、 9人がいいね!と言っています
「いいね」をクリックして応援の気持ちを伝えてみませんか? Twitterアカウントで簡単に登録・ログインできます!

コメント

1番~1番を表示

2014年
09月25日
02:40

1: mizu

1937年の記述、『敵が浮き出っている中』は『敵が浮き足立っている中』ではないでしょうか。

1番~1番を表示

コメントするにはログインしてね(Twitter連携で簡単登録できます)

あなたもコミニーへ参加して、ブログを書いてみませんか?
ゲームの思い出を管理できるゲーム棚サービスもあります。

6位

写楽藤岡(主君名:おなごぢから)さん

先週の大阪の集まり

7位

はるまきさん

ポケモンGO、レベル18

8位

アイリーン☆さん

デッキとか 公式大会とか

※全公開記事が対象です

1位

板尾の嫁 starring あ~きぃさん

デッキの診断をやってみる? 3

3位

鉄甲竜(零崎@レンたん)さん

・ワ・<正祭とかカッコカリとか

4位

奏音さん

ワラワラ環境

5位

カッツェさん

最近の話

7位

一本院さん

はぁっはっはっ

8位

松永久秀@不義さん

天覇一統の全国決勝大会を観...

9位

MAYRE_Kara_ageさん

検証:新SR上泉信綱と雑談

10位

鷹野一二三さん

今日の戦績 5戦1勝4敗

※全公開記事が対象です

1位

『艦これ』盛り上げ隊さん

【艦これ プレイ漫画/水本正...

2位

グラブル_ファミ通騎空団さん

【グランブルーファンタジー ...

※全公開記事が対象です