これでアナタもモンハン通
 いよいよ発売が目前に迫った『モンスターハンターポータブル 3rd HD Ver.』(以下、『MHP 3rd HD Ver.』)。PSP(プレイステーション・ポータブル)版からどう変わったの? PSP版とのデータ連動や、協力プレイはどうなっているの? 今回はそんなファンたちの疑問に答えつつ、改めて本作の魅力を2回に分けて伝えていこう。講師役に名乗りを上げたのは、“カプ通.com”の動画コンテンツ“カプコン荘〜小沢んち〜”でもおなじみのスピードワゴンの小沢一敬さん。PSP版を遊びまくったのはもちろん、すでに『MHP 3rd HD Ver.』体験済みということもあって、自信満々のご様子。集められた3人のクセだらけの生徒たちを相手に、果たしてちゃんと教えることができるのか!?
お笑いコンビ、スピードワゴンのボケ担当。バラエティ以外にも、役者や小説家など多方面で活躍する。『MHP』シリーズのトータルプレイ時間は、余裕で1000時間を超えている。
お笑いコンビ、磁石のボケとメガネ担当。今回いち早く『MHP 3rd HD Ver.』に触れると聞きつけ、強引についてきた。
カプコンとファミ通による特設サイト、“カプ通.com”の動画コンテンツのひとつ。とあるアパートの一室を舞台に、小沢さんとタレントの磯山さやかさんが、カプコンの最新ゲーム情報をお届けしている人気番組だ。ふたりの絶妙な掛け合いはもちろん、クリエイターらゲストの意外な一面も楽しめるぞ。番組内の“おざ兄のモンハン大好き”コーナーでは、今回と同じメンバーで、さまざまなルール形式による『モンハン』をプレイ中!

小沢一敬(以下、小沢) ということで今回は、
『MHP 3rd HD Ver.』が『MHP 3rd』とどう違うのか、
すでにプレイ済みのボクがキミたちに教えていこうと思います!

ロマンシング★嵯峨(以下、嵯峨) と言われましても……。

ブンブン丸(以下、ブン) 俺らは当然、ファミ通とかで知ってるからなあ。

小沢 えっ、そ、そう……なの?

永沢たかし(以下、永沢) 大丈夫ですよ。僕ぜんぜん知りませんから。

小沢 ……ホント?

永沢 小沢さんのレクチャー、僕ぜひ受けたいなあ。

小沢 だよなー。

嵯峨 わ、私もよく考えたらぜんぜん覚えてないんで、教えてほしいです!

ブン オレモオレモー。

小沢 しかたないなあ。じゃあ、最初のポイントから教えちゃうよ?

嵯峨・ブン キャーキャー。

永沢 すみません、ウチの先輩がご迷惑おかけします。

小沢 やっぱり最初のポイントは、とにかくキレイになったことだね。

嵯峨 背景とかキレイですよね〜。

ブン 俺は武器の細部がよく見えるようになったのが、うれしいなあ。

永沢 いまのテレビって、ここまでキレイなんですね。ウチのなんか汚いのはまだしも、このあいだとうとう放送が止まっちゃいましたよ。

小沢 うん、永沢は早く地デジ化しような。

ブン これってPSP版のを、そのまま大きくしたんですかね?

小沢 いい質問です!PSP版は、PSPでみる分にはとてもキレイなんだけど、単に拡大して大画面に出すと、どうしても画像が荒くなっちゃう気がするよね。だけど、本作ではゲーム内の映像はすべてHD画質化されているから、よりキレイになっているんだ。

嵯峨 つまり、こういうことですよね(※A)。

小沢 えっと、だいぶ違うね。

ブン 化粧の問題じゃないだろ。むしろ地肌の問題じゃね?

嵯峨 キーッ! 年ごろの女の子に、なんてこと言うんですか!

永沢 HD画質じゃなくても、嵯峨ちゃんは充分キレイだぜ?

嵯峨 キャーッ!

ブン あまーい!

小沢 なんでお前が言うの?

永沢 歴代シリーズのオープニング映像なども収録されているから、それも楽しみですよね。

ブン それは見たいなあ。

嵯峨 見たいですねえ。

小沢 だからなんでお前が言っちゃうかなあ。

小沢 続いてのポイントは、PSP版『MHP 3rd』とセーブデータの連動ができること! これはPSP版を遊んでいた人には、うれしい仕様だよね。

永沢 PSP版の続きをそのまま遊べるってことですか?

小沢 そういうこと。逆にPS3で遊んだデータをPSPに移して、外で遊ぶといった使いかたもできるんだ。。

永沢 それはステキですね! ではまず、僕にプレイステーション3(以下、PS3)を買ってください。

小沢 そこは自分でなんとかしようか。

嵯峨 でもPS3のコントローラーって、PSPとちょっと違いますよね。

ブン 大きいのでは、右にアナログスティックが増えてるよな。

小沢 PS3の右スティックはカメラ操作用に使えるんだ。けっこうコレって大きいよね。

ブン モンスターを回り込むときとか、断然ラクですね。

嵯峨 私、見失っちゃうこと多いんで、これはすごく助かります!

小沢 ビジュアル面だけでなく、遊びやすさも増しているワケだね。。

永沢 実際データは、どうやって移動させるんですか?

小沢 これは見てもらうのがはやいかな。PS3のコントローラーなどについているUSBケーブルをPSPにつなげあとはそれぞれの画面の指示に合わせて、データを移動させるんだ(※C)。

永沢 う〜ん……。もっとPS3持っていない僕にも、分かる感じでお願いします。

小沢 そうだな……。じゃあボクがPS3として、永沢がPSP。嵯峨ちゃんがデータだとしようか。

嵯峨 え?

小沢 嵯峨ちゃんはボクら共有の彼女で、どちらともうまくやっている、っていえば分かりやすいかな?

ブン わかりにくいよ! むしろ間違ってるよ!

永沢 なるほど……。でも僕、いくら小沢さんとはいえ、ひとりの女性を共有するなんて納得できません! 嵯峨ちゃんは僕のものだ(※D)!

小沢 このままじゃ嵯峨ちゃんの腕が……。ならばボクはその手を離そう……。

永沢 しめた! これで嵯峨ちゃんは僕のもの……。え、なぜそっちに!

嵯峨 本当に私のことを思ってくれたのは、小沢さんです!

永沢 なんてことだ……。

ブン 大岡裁きか! ってか長げぇよ!

小沢 3つめのポイントは、PSP版でもあったものだけど、アドホック・パーティーを介して、離れた場所の友だちとも遊べることだ。

永沢 アドホック・パーティーって、どんなパーティーですか?

ブン PS3を使って、遠く離れたPSPどうしを遊べるようにするシステムです。

嵯峨 これまでは基本的に、PSPで遊ぶためのものでしたよね。

小沢 PSP版と同じ感覚で『MHP 3rd HD Ver.』でも使えるんだ。ゲームもPS3で遊べることで、むしろちょっと手軽になっているとも言えるね。

嵯峨 いろんな人と遊ぶのは、ホント楽しいですもんね(※E)。

ブン 俺も日本中の人と遊んだなあ。

小沢 もちろんPSPを持ち寄れば、PS3がひとつとPSPが3つといった形での、その場での協力プレイも楽しめるよ

永沢 誰かの家で遊ぶとときとかは、それが手軽ですね。

小沢 PS3とソフトを持っているなら、いちばん気楽に楽しめるよね。だけどお前、PS3もテレビも持ってないんだろ?

永沢 いえ、じつはどっちも持ってるんですよ。いっそこれを機に、3D対応のテレビも買っちゃおうかと思っていまして。

ブン マジすか! じゃあ『MHP 3rd HD Ver.』出たら、遊びに行っていいですか!

嵯峨 私も私もー!

永沢 もちろんいいですよ。みんなで遊びましょう!

小沢 ふ、ふ〜ん……。よかったじゃん。

永沢 よかったら小沢さんも、遊びに来てくださいよ。

小沢 ま、まあ俺には友だちもたくさんいるし? アドホック・パーティーで遊んでくれる人もいっぱいいるし?

永沢 わかりました。じゃあ、まあ僕ら3人で……。

小沢 やっぱ俺も入れろよ! 入れてくださいよ!

小沢 最後のポイントは、3D立体視に対応してるってことだ。

永沢 飛び出す映像ってヤツですね。

ブン どんなテレビでも映るんですか?

小沢 もちろん3D対応テレビは必要だ。環境を揃えるのはなかなかたいへんだけど、この迫力はぜひみんなにも味わってもらいたいね。

嵯峨 と思って、今日は3D対応テレビを用意したんですよ!

小沢 よし、じゃあさっそく見てみよう。

――数分後

ブン かなりの迫力でしたねえ!

嵯峨 とくに巨大モンスターがすごかったです! 思わず身を避けちゃうような。

小沢 こうしてみんなでひとつの画面を観るっていうのも、『MHP 3rd HD Ver.』の魅力のひとつだよね。しかも3Dなら楽しさも迫力も倍増ってワケだ。

永沢 いやあ、技術の進歩に衝撃でしたね、僕。

小沢 だろうだろう。

永沢 だってちゃんと、メガネの上からかけられるんですよ! この3Dメガネ!

小沢 そこかよ!

 『MHP 3rd HD Ver.』とソニーの液晶テレビ<ブラビア>がタイアップ! 全国約1400店のテレビ販売コーナーの<ブラビア>で『MHP 3rd HD Ver.』のプロモーション映像(タイアップオリジナルの3D映像も同時公開!)が流されるほか、モンハンフェスタ'11では<ブラビア>で『MHP 3rd HD Ver.』が試遊可能に。さらに『MHP 3rd HD Ver.』のプロデューサー・辻本良三氏とディレクター・一之瀬泰範氏による推奨画質設定値を、2011年8月25日よりWeb上にて公開予定! こだわりの画質で狩りが楽しめるぞ。
 前回の第6回でオリジナルルールの大賞候補として“ロシアンハンティング”、“生き残りは誰だ!?”、“突進レース”の3つをノミネートさせていただきました。大賞はカプ通.comで配信中の動画“カプコン荘〜小沢んち〜”でおなじみのスピードワゴン小沢さんに実際にプレイしていただき決定します。ロシアンハンティングは“#6 カプコン荘〜小沢んち〜”でプレイ済みなので、今回はまず、“生き残りは誰だ!?”に挑戦していただきました!
 多少手間取ったものの、無事4人ともガーグァの卵を入手し、“生き残りは誰だ!?”をスタート! すると、開始早々に、永沢さんがファンゴに攻撃されまさかの脱落! 小沢さんの叱咤にションボリしつつ、手持ちぶさたの永沢さん。その後、残り3人はジンオウガに遭遇。しばらく逃げ回っていると、ここでまさかの小沢さんが脱落! 編集者2名という、わりと華のない戦いが続く中、暇を持てあました小沢さんが「じゃあ、永沢と俺はいまからジャマしていいことにしよう」と急遽ルールを追加する。生き残りふたりの周囲を、失敗したふたりがウロウロすることで混戦状態の中、嵯峨が脱落し、みごとブンブン丸の勝利に終わった。
 今回のゲストは東京都世田谷区の閑静な住宅街に在住のデザイナー、佐藤大輔さん。4人のお子さんをお持ちで、一家で『モンハン』を楽しんでるという。少子化が進む現在の社会で、いつも4人で狩りに行けるなんて、なんとうらやましい! というわけでお話をうかがってきました。
今回のモンハン通
佐藤大輔
佐藤大輔
デザイナー。雑誌記事を中心に週刊ファミ通でもゲーム紹介・攻略記事のレイアウト、デザインなどをお願いしている。『モンハン』シリーズの記事も多く担当。

――お子さんが4人いらっしゃいますが、そもそも佐藤家に『モンハン』をもたらしたのはどなたなんですか?

佐藤 誰が始めたんだっけ?

長男 お父さん。

佐藤 そうだったかなぁ(笑)。確かに、どんどん人気が出始めて「どんなゲームなんだろう?」と興味はありましたね。

――なるほど。で、どの作品からプレイを?

佐藤 家族で熱心にプレイするようになったのは『MHP 2nd G』からですね。

長男 それから『MH3(tri-)』も。でも、やっぱり兄弟で遊べるので『MHP 2nd G』が長い期間プレイしたかな。

――『MHP 3rd』のプレイ時間はどのくらいですか?

佐藤 340時間くらい? もっとかな。

長男 300時間くらい。

次男・三男 同じくらい?

佐藤 あれ、自分がいちばん?(笑)

――お子さんを差し置いてプレイ時間トップですね。

佐藤 ああ、あれです。デザイナーという仕事柄、待ち時間も多いのでその時間を利用してやっていたり、急に連絡が来て、そのまま付けっぱなしにすることがあるからですかね、たぶん。

――じゃあ、そういうことに(笑)。基本的には、佐藤さんと長男、次男、三男の4人で狩りをしている、と。

佐藤 そうです。

――一家で4人パーティが組めるのはいいですね!

佐藤 ええ。クエストもけっこう早い時間でクリアーできるので、素材集めなどがけっこう楽ですよ(笑)。でも、4人で夢中になり過ぎると、ご飯が冷めたり、なかなかお風呂に入らなかったりでママに怒られちゃう(笑)。

――狩りが原因で兄弟でプレイしていてケンカになることはないんですか?

長男 ないです。

佐藤 自然と役割分担ができていて、争いが起こることはないですね。

――ほほう。ちなみに、それぞれ武器は何を使っているんです?

佐藤 自分はハンマーです。

長男 太刀とかいろいろ。

次男 狩猟笛。

三男 太刀!

――ああ、確かにバランスはいいかもしれないですね。立ち回りも兄弟の性格によって違いが出ます?

佐藤 そうですね……。長男は回りくどいのが好きではないので、罠を使ったりはしないですね。

長男 捕獲も好きじゃない(笑)。

――武器での攻撃一辺倒のタイプだ(笑)。

佐藤 逆に、次男は罠とか好きですね。素材も持ち込んで用意万端でクエストに行きます。

次男 クーラードリンクとかは忘れることがあるけど。

佐藤 三男は飽きっぽいタイプ(笑)。素材集めも長続きしないし。自由人(笑)。

――ところで、お父さんの狩りの腕前はどう?

長男 ふつう。

次男 ふつうかな?

三男 ふつうでしょ。

佐藤 え〜、やればできるタイプだと思うだけどなぁ(笑)。

――最初『モンハン』をプレイしたときどう思った?

長男 う〜ん、『MH2(dos)』も少しやったんですけど、そのときは難しくて。でも『MHP 2nd G』は友だちのあいだでも流行ってたので、やっているうちに慣れた感じ。

――『MHP 2nd G』からまわりの友だちもプレイするように?

長男 かなり増えた。

――何でまわりでそんなに流行ったんだろう?

長男 う〜ん……。

佐藤 いまの子どもたちって、コレクションするゲームで育ってきてる子が多いじゃないですか。集めるってことが楽しいみたいですね。『モンハン』も素材を集めて、装備を充実されるのが楽しいですし。あと、みんなでできるというのもいいですよね。しかも、短い時間でできるし。複雑な物語があるわけでもないので、プレイヤーを選ばないし。長女は幼稚園児で、もちろんプレイはしないんですけど、ゲーム画面を見て楽しそうにしているし。万人にわかりやすいんでしょうね。

長男 あと、飽きない。

佐藤 ああ、けっこう、いろいろな武器を使ってたもんね。その素材を揃えたりで、やることがなかなか尽きないっていうのがあるかもしれませんね。

――当然、クエストもすべてクリアーしているんですよね?

佐藤 そうですね。配信クエスト以外はすべて。“終焉を喰らうもの”は苦労しましたけど。モドリ玉を使えば攻略が楽になると気付いて、なんとか。『MHP 2nd G』の“モンスターハンター”(※『MHP 2nd G』の超難関クエスト)は挫折したんですけど。

――あれは、本当にプレイヤーに対する挑戦状ってかんじでしたよね(笑)

長男 “モンスターハンター”は厳しかった。

佐藤 佐藤家では『MHP 3rd』が丁度いいですね(笑)。

――ちなみに、好きなモンスターは?

長男 リオレウス希少種。カッコイイから。

次男 アオアシラ。ひとりでも楽に狩れるから。いっぱい狩った(笑)。

三男 ドボルベルク。グルグル回るのがおもしろいから。 

佐藤 自分はリオレウスですね。『モンハン』を代表するモンスターのひとつだと思うので。

――ところで、ふだんはどんなお父さん?

次男 いつも仕事してる。

佐藤 あはは……(苦笑)。以前は事務所を構えていたんですけど、なかなか家に帰れないので、さすがにマズいなと思って。いまは自宅の一室を仕事場にしたので、子どもたちに会えるようになりました。近ごろは『MHP 3rd』でコミュニケーションもバッチリですし(笑)。

――いま全国各地で開催されているモンスターハンターフェスタ'11では、親子大会も実施されているんですが、次回のフェスタでも親子大会があれば、出場したらどうです?

佐藤 おもしろそうですね。でも、ウチは内弁慶な一家なので、どうかな(笑)。

――2011年8月25日には『MHP 3rd HD Ver.』が発売されますけど、プレイされます?

佐藤 プレイステーション3でプレイしている人は、その場にいる人といっしょに遊べるんですか?

――遊べます。

佐藤 ああ、そうなんですか!

長男・次男・三男 (チラッ)

佐藤 新しいモノ好きなのでちょっと興味はあったんですけど、やってみようかな?(笑)

【第7回ゲスト】 照英
俳優・タレント。ドラマや映画だけでなく、バラエティー、ドキュメンタリー番組などでも活躍中。レギュラー番組出演は毎週金曜日(最終金曜日は除く)『スッキリ!!』(日本テレビ系)、毎週金曜日『すくすく子育て』(NHK教育)など。また、現在はPlayStation Home内で映像企画“照英王国”が配信されている。
【第5回ゲスト】 伏見副住職
愛知県にある臨済宗の烹金禅寺(ほうきんぜんじ)の副住職。その近所にあるこども園の副園長も務める。
【第4回ゲスト】 あかほりさとる
小説家・脚本家・漫画原作者。それ以外にも90年代にはメディアミックス路線で数多くのヒット作品を世に送り出し、ラジオパーソナリティもこなすなど、幅広く活躍。ゲームファンにとっては『サクラ大戦』シリーズの脚本を手掛けたことでも知られる。
【第3回ゲスト】 小沢一敬&磯山さやか
小沢一敬:愛知県出身。1973年10月10日生まれ。お笑い芸人スピードワゴンのボケ担当、最近はバラエティ以外にも、LISMOドラマ『続・言霊の女たち』や映画『RUN60』へ役者として出演。さらに小説『でらつれ』の執筆するなど多方面で活躍中!
磯山さやか:茨城県出身。1983年10月23日生まれ。タレントとしてテレビのバラエティー番組やラジオ、グラビアなどで活躍。磯山さやかデビュー10周年記念写真集『AMISO!!』 (ワニブックス)が発売中。
【第2回ゲスト】 ぶぅさん&まーさん
ぶぅさん:大手都市銀行の東京、関西の役員を勤めた後、現在は、プライベート・エクイティ・ファンドの運営に従事しているバリバリのエリート。
まーさん:都内出版社で雑誌編集長などを経て、現在は版権物のメディアミックス営業を担当。ゲームは広く浅くプレイする。
【第1回ゲスト】 大塚角満
週刊ファミ通副編集長。群馬県出身。ファミ通.comなどで連載中の『モンハン』がらみのエッセイをまとめた単行本『本日も逆鱗日和』シリーズが8巻(別冊『角満式モンハン学』シリーズの2巻含む)発売中。
©CAPCOM CO., LTD. 2010, 2011 ALL RIGHTS RESERVED.