ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



羽生蛇村日報

羽生蛇村日報 第24報 - 厳選屍人図鑑(男性屍人編)

 こんばんは。時計じかけ豊田です。訪れていただき、ありがとうございます。

 

『SIREN: New Translation(サイレン ニュー・トランスレーション)』の魅力をお届けしていく当ブログ。本日からは影の主役とも言える屍人にスポットを当て、2日連続で屍人たちの魅力をお伝えしていきます。今日取り扱うのは男性屍人。というわけで、僕の独断と偏見でピックアップした5人の男性屍人を写真とともに徹底解説していきましょう。

 

 

 

嶋田習次

 最初にご紹介するのは、おなじみの嶋田警官。村民に愛される警察官……なのに、考えているのは食事のことだけ? エピソード4CHAPTER2では、羽生蛇村名物のはにゅうめんを目指して行動しています。狩武食堂のテーブル前に到着するまでは、「あぁ……飯でも食うかぁ〜」、「何か食い物……食い物……」、「腹が減っては戦が出来ん」、「おっ? はにゅうめんじゃないか……いいねぇ!」、「ご馳走になりますよ……頂きまぁ〜す」、「ふぅ……腹いっぱい」とつぶやきながら移動。イスに座ると、左手でむさぼり食いはじめる嶋田警官。ちなみに、嶋田警官が食べ進めるごとに、器のはにゅうめんはちゃんと減っていきます。さらに、食べ終えた嶋田警官はまだお腹が空いているのか、食堂内にある冷蔵庫に腕を突っ込み、盗み食いをはじめます。ん〜、芸が細かい。はにゅうめんを食べ終わったあとは、「村の平和は私が守る」、「よそ者に好き勝手はさせんぞ」、「村民に愛される警察」、「羽生麺食いたいな」などとつぶやき、最後のセリフを除き、警官魂を見せつけてくれます。また、犀賀を発見すると「そこにいるのはわかっているんだぞ」、「大人しく出てきなさい」、「そこかっ! 動くんじゃないぞ」とつぶやきながら追走。戦闘時には「ホシを確保」、「了解、射殺します」、「無駄な抵抗はやめなさい」と警官らしいセリフを連発します。一方、犀賀を見失うと「くそ! 逃げ足の速いやつだ」「次は絶対捕まえるからなぁ」、「逃げられたか……俺もそろそろ歳かな……」と発言。う〜ん、意外にも高齢なんでしょうか? ちなみに、エピソード1CHAPTER2登場時は、「YOU! そこにいるんだろ?」、「カムバックだよ! カムバック!」、「ストップ! ストップって言ってんだよお!」などなど、若々しいセリフが聞けます。それにしても「YOU!」って……。

 

 

タ●リ似屍人

 エピソード8CHAPTER2に登場するタ●リに似た屍人。え〜、見た目のインパクトだけで選びました。白い作業ズボンと黒い作業靴。……なぜか地肌にベストという姿。そして幅の広い黒いサングラス。ふだんは「いい天気だなぁ〜」、「めでたい〜」とつぶやき、戦闘中は「仲間にな〜れ〜」など、セリフはごくごくふつうですが、やっぱりこの屍人は見た目の印象が強いんですよねぇ。僕はこいつと会うと、いつも「笑っ●いいとも」を思い出してしまいます。

 

 

酒飲み屍人

 酒を飲む屍人を目にする機会が多いですが、どれも同じ屍人だと思っていませんか?じつは、どれも別人。帽子をかぶっていることと、あぐらをかいて酒を飲むことは共通ですが、服装は異なっているんです。エピソード8CHAPTER2に登場する酒飲み屍人は、白いランニングと作業ズボン。エンジ色の帽子をかぶっています。一方、エピソード9CHAPTER4に登場する屍人は、柄シャツに白い作業ズボン。頭には黒地に白い線の入ったチェックの帽子。なぜか帽子の上に白い手ぬぐいを巻いています。当然、プレイヤーを発見したときは手にした一升瓶で襲いかかってくるわけです。う〜ん、それにしても屍人は酔っ払わないのかな?

 

 

ソル・ジャクソン

 セリフがおもしろいのであえてここで取り上げます。エピソード3CHAPTER2では、徘徊中に「恥ずかしがらないで出ておいで……」、「べラ ボク メリッサ 幸せな家族になろうぜ」、「信じてくれよ……ボクが守ってあげるよ」、「ここにいたのかい……お姫さま……」とおもしろセリフを連発。以前にも同じようなことを書きましたが、メリッサへの愛情よりもベラに対する執着のほうが上回っているような……。ほかのチャプターでも固有のセリフをつぶやいていますので、機会があればぜひご清聴ください。

 

 

伊東家おじいちゃん屍人

 男性屍人のトリを務めるのは、エピソード10CHAPTER2に登場する、伊東家で寝たきりを装うおじいちゃん屍人。え〜、じつは伊東家の門には表札が掲げられていて、伊東文弘、ふみ、博司、弘樹、文子、幸子という名前が。つまり、おじいちゃん屍人の名前は文弘。お母さんの名前はふみ。お父さんは博司。お兄ちゃんは弘樹。娘は文子。ん? 幸子って誰? もしかして、三兄弟なのでしょうか? あ、虫取りセットに"ひろし"って名前が書かれているけど、あれはお父さんのものだったのか……すいません、話がかなり逸れました。え〜、ベラが見つかるまで立ち上がることはありませんが、見つかったあとすぐに逃走すれば、おじいちゃん屍人の立ち姿が見られることに加え、数々のセリフを聞くことができます。「体が軽いのぉ〜」、「んん? ばあさんかぁ? 生きとったんかぁ?」、「次は見逃してやらんからなぁ」、「年寄りだと思って馬鹿にしおって!」「どこじゃ! 馬鹿もん!」、「誰じゃあ! 出て来い!」「20年ぶりに調子がいいぞぉ〜」、「わしの勝ちじゃ〜」、「この馬鹿もんがぁ〜」などなど、おもしろセリフが満載です。ちなみに、セリフを調べるのに費やした時間は計り知れません……。まあ、知識欲を満たすためには多少の努力はしないと、ね。あ、お伝えし忘れてました。おじいちゃんの服装ですが、ももひきの上に着物というすばらしい格好です。ただ、着物がはだけてかなりみっともないですけども……。メガネもかけていますが、ヒビ入りまくりです。つか、寝るときくらいメガネはずそうよ、おじいちゃん……。

 


 

 

 

 

開発チームからこんばんは


背後に…。ちなみに手前右側のスタッフは独眼竜ドラゴンの女豹。


股間に……。


お気付きになったでしょうか…。

 

 撮影中ヒマを持て余した佐藤は、カラフルな心霊として皆の写真に収まるのでした。(外山)

 

 

ブログ後記

 男性屍人は大鎌や刃広などの大型打撃武器のほか、銃を扱うので、攻撃パターンをいろいろと観察してみるのもおもしろいですよ。惜しくもここでは紹介できませんでしたが、合石岳に登場するつるはしを持って作業をしている作業員屍人や、刈割に登場する腰を叩きながら立ち上がる老人屍人など、ほかにも個性豊かな屍人がわんさかいます。タイムアタックもいいですが、たまにはスロープレイなどはいかがでしょうか? 新たな発見があるかも知れませんよ。それでは、今日はこの辺で。ではまた明日。

 

 

 ※写真の一部は開発チームの協力を得て撮影を行っております。

(c)Sony Computer Entertainment Inc.
PS3、SCEIロゴ
プロフィール画像

時計じかけ豊田

ファミ通プロジェクトマネジメント編集部デスク。長くてよくわからない部署名だが、週刊ファミ通および姉妹誌にて"ファミ通チョイス"というマークが入っているタイトルを専属で担当する遊撃隊的部署のことらしい。編集歴10年。頭のネジがちょっぴり抜けている『サイレン』シリーズが三度のメシより好きな編集者。

カレンダー

2008年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    


2008年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31