携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> アニメ・声優> 『HEROMAN』キックオフイベントで制作陣&出演者が意気込みを語る

『HEROMAN』キックオフイベントで制作陣&出演者が意気込みを語る

2010/3/25

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●新たなヒーローが2010年4月1日に誕生する!!
 

herokey01

 

herokey02

 2010年4月1日(木)より、毎週木曜日18時からテレビ東京系6局にて放送される『HEROMAN』。アメコミ界の巨匠、スタン・リーと『鋼の錬金術師』や『交響詩篇エウレカセブン』などを手掛けるアニメーションスタジオ、ボンズとのタッグによって描かれる、超注目のアニメだ。同アニメの始動を伝える、キックオフイベントが、2010年3月25日(木)、東京ビッグサイトにて開催されている“東京国際アニメフェア2010”の会場にて行われた。

 イベントの最初には、テレビ東京アニメ局アニメ事業部長の川崎由紀夫氏と、ボンズの南雅彦氏が登壇。テレビ東京・川崎氏は「何か新しいもの、挑戦だと思っていただけるよな番組をいつも捜して、放送するように心がけています。その中で巡り合ったのがこの『HEROMAN』です。映画館のスクリーンに引き込まれるようなインパクトのある映像に仕上がっています。この春テレビ東京イチ押しの作品です」と自信たっぷりのコメント。
 一方のボンズ・南氏は「スタン・リーに会いに行ったのが2005年の10月ということで、4年半まえにこの企画がスタートしています。スタンがいままで作ってきたキャラクターではなく、新しいキャラクターをいっしょに生み出そうという言葉をいただいて、そこからここまでやってきました」と制作の経緯を明かした。

 さらにスタン・リー氏からのビデオメッセージも公開。「21世紀の新しいヒーロー、その名は“HEROMAN”!」というアツい言葉とともに、日本語で「『HEROMAN』をよろしく!」と添えるなど、サービス精神旺盛なコメントで同作を盛り上げた。

hero02
hero03

▲テレビ東京の川崎由紀夫氏(左)とボンズの南雅彦氏(右)。

 

hero04

▲スタン・リー氏はビデオメッセージで作品をアピールした。


 続いて、南氏に加え、監督の難波日登志氏と主人公・ジョーイ役の小松未可子、ヒロイン・リナ役の小幡真裕、デントン先生役のチョーが登壇。『HEROMAN』はどのような作品なのか、という質問に対し難波監督は「ストレートな完全無欠の勧善懲悪ものです」と語る。また、スタン・リー氏から送られてきたプロットは、じつに密度が濃かったという難波監督。「1年かけてプロットに書かれていた内容をやるんだと思って、胸が躍ったんですが、“いま渡しているものは話数にして8話ぐらいのものだ”ということを言われて驚きました。それぐらいスピーディーで濃い内容の物語が序盤から描かれます」とコメント。そして独特のデザインが目を惹くヒーローマンや魅力的なキャラクターたちのデザインについても言及。「コヤマシゲト君という、『エウレカセブン』だったり、『エヴァンゲリオン』だったりでデザインを担当していた新進気鋭のスタッフが、今回メインでキャラクターデザインやヒーローマンのデザインを行っています。日本だけでなく、海外でも通用するデザインに仕上げることができたと感じています」(南)。
 

hero06
hero05

▲右は『HEROMAN』の監督を務める難波氏。


 主人公のジョーイ役を務める小松、そしてヒロインのリナ役を務める小幡はアニメの声優を務めるのが初めてということで、その心境を小松は「緊張でした。ベテランの方々に助けていただきながら収録しました」と語る。また、同作については「自分にとってのヒーローとは、何なのかを考えながら観ていただきたい作品です」とアピールした。小幡は自身の演じるキャラクター、リナについて「世話焼きで行動力がある女の子。ジョーイといい雰囲気になる場面もあるので、ふたりのキュンとなるシーンを楽しみにしてください」とコメントした。そしてデントン先生役のチョーは、収録時のエピソードを聞かれると「ルンルン気分でワクワクしながら収録していました。女子高生と女子大生といっしょに仕事ができるというのが楽しくて(笑)」と語り、会場の笑いを誘う。収録の際にもチョーが現場を盛り上げており、いい雰囲気で収録が行えたとのことだった。
 

hero07
hero08

▲ビジネスデーに行われたイベントということでプレスや関係者ばかりというのに、この盛況ぶり。注目度がうかがえる。


 会場では登壇者によるトークのほかに、『HEROMAN』のオープニングとエンディングの映像が上映された。スピーディーなカット割りと映像のテンポ感が心地いいオープニング、そしてアメコミを読んでいるかの如く展開していく映像に思わず笑みが漏れるエンディングと、それぞれ見どころ満載の内容となっていた。2010年4月1日より放送が開始される『HEROMAN』、ぜひチェックしてみてほしい。

hero09

▲最後はキャスト陣とともに集合写真を撮影。右から『HEROMAN』のメインキャストであるチョー、小幡、小松。

 

hero01

 

場面カット
hero01
hero02
hero03
hero04
hero05
hero06
hero07
hero08
hero09
hero10
hero11
hero12
hero13
hero14
hero15
hero16
hero17
hero18
hero19
hero20
hero21
hero22
hero23

 

ジョーイ
(声:小松未可子)
heroc04

 

リナ
(声:小幡真裕)
heroc08

 

デントン先生
(声:チョー)
heroc05

 

ウィル
(声:保村 真)
heroc01

 

ニック
(声:陶山章央)
heroc06

 

ヴェラ
(声:進藤尚美)
heroc02

 

ヒーローマン
heroc07

 

ゴゴール
(声:石塚運昇)
heroc03



※『HEROMAN』公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

E3 2016記事のPVランキングを30位まで紹介! ファミ通.comで注目を集めたのは、どのタイトルのニュース?【E3 2016】

“E3 2016”関連のニュースの中で、PVが高かった30本の記事をランキング形式で紹介。

堀井雄二氏も大絶賛! “ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”の新たなモンスターや衣装が公開

2016年7月22日より順次、埼玉、福岡、名古屋、大阪、横浜にて上演予定のアリーナショー“ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”。本公演に登場するモンスターや衣装の監修に堀井雄二氏が訪れた際のオフシャルリポートが到着。

『人狼パーティー』女流棋士、プロ雀士、AI研究科。人狼ゲーム愛好家だらけの先行体験会に参加

2016年6月28日、NHN ハンゲームは7月下旬のサービス開始を予定しているPC用ブラウザゲーム『人狼パーティー 〜believe or deceived〜』の関係者向け体験会を開催した。

『討鬼伝2』“ミタマの力 戦闘スタイル”紹介動画を公開!【動画あり】

コーエーテクモゲームスは、2016年7月28日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『討鬼伝2』について、英雄たちの魂“ミタマ”の11種類の戦闘スタイルついて紹介する動画を公開した。

ブロックを組み合わせてマシンを作り、未開の荒野を探索するマルチプレイゲーム『Pioneers』が発表

元Press Playの創設者たちによる新スタジオLightbulb Gamesが、第1弾タイトルとして『Pioneers』を発表した。

“E3 2016”の会場内で『FFXIV』吉田氏にパッチ3.35の全容を直撃!【E3 2016】

E3 2016の会場内で実施された、『FFXIV』吉田直樹プロデューサー兼ディレクターの日本メディア向け合同インタビューの模様をお届け。次期アップデートのパッチ3.35で公開される“ディープダンジョン 死者の宮殿”のさらなる秘密を、今回のプロモーション活動の手応えとともに直撃した。

【先出し週刊ファミ通】『討鬼伝2』相馬と初穂が参戦決定!(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)では、コーエーテクモゲームスのハンティングアクションゲーム『討鬼伝2』の最新情報を公開。

新海誠監督みずからが手掛ける『君の名は。』の原作小説がスピード重版決定! 書籍特設サイトで“試し読み”もできる

2016年8月26日から全国東宝系にて劇場予定の、新海誠監督最新作の『君の名は。』。映画公開に先駆けて、角川文庫より発売された新海誠監督自身の手になる『小説 君の名は。』が、発売からわずか3日でスピード重版が決定。

【先出し週刊ファミ通】DLC福袋で『世界一長い5分間』、『グランブルーファンタジー』、『Caligula -カリギュラ-』などのコンテンツをゲット!(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)のダウンロードコンテンツ福袋も大充実。気になる中身をご紹介!

『実況パワフルプロ野球 サクセススペシャル』追加シナリオ第2弾“覇堂高校編”が配信開始

KONAMIは、配信中のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『実況パワフルプロ野球 サクセススペシャル』について、追加シナリオ“覇堂高校編”を本日2016年6月28日より配信開始した。