携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> アニメ・声優> 飛んだ! 踊った! 歌った!! ”NANA MIZUKI LIVE FIGHTER 2008 〜BLUE SIDE〜”リポート

飛んだ! 踊った! 歌った!! ”NANA MIZUKI LIVE FIGHTER 2008 〜BLUE SIDE〜”リポート

2008/7/11

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●幻想的な青い世界で12000人の笑顔が輝く

 2008年7月5日、代々木が揺れた。震源地は国立代々木競技場第一体育館。水樹奈々のライブ”NANA MIZUKI LIVE FIGHTER 2008 〜BLUE SIDE〜”の会場だ。

 ”NANA MIZUKI LIVE FIGHTER 2008 〜BLUE SIDE〜、〜RED SIDE〜 supported by アニメロミックス”と題され、7月5日(土)と7月6日(日)の2日間行われた水樹奈々のライブ。7月5日(土)が、”〜BLUE SIDE〜”、7月6日(日)が”〜RED SIDE〜”となっており、それぞれに違った演出を行うという趣向を凝らしたイベントとなる。両日とも12000人ものファンが国立代々木競技場第一体育館を訪れ、水樹の歌、踊り、そしてステージパフォーマンスに酔いしれた。

 ライブが始まり、水樹が登場したのは、なんと空中! 大歓声とブルーのサイリュームに迎えられた水樹は、ワイヤーに吊られた状態で会場の中央まで移動し、ライブ1曲目の曲『Astrogation』を披露する。続いて『still in the groove』を激しいダンスとともに歌い上げると、会場に向けて「LIVE FIGHTER BLUE SIDEかかってこーーーーーーい!」とアツいメッセージを投げかけ、最初から守りに入ることなく、飛ばして戦う姿勢を見せた。

 

NANA MIZUKI LIVE FIGHTER 2008 〜BLUE SIDE〜 supported by アニメロミックス


 その後も、さまざまな衣装に身を包み、激しいダンスやかわいいダンスを魅せながらファンを魅了していく水樹。4年ぶりに歌うという『砂漠の海』や、お楽しみ企画として自身が出演中のテレビアニメ『しゅごキャラ』のキャラクターソング『迷宮バタフライ』を披露するなど、ファンにはたまらない構成で畳み掛ける。とくに注目だったのが、広いライブ会場でありながら、そのどんな位置からでも水樹のことを感じられるステージパフォーマンスの数々だ。冒頭のワイヤーでのフライングはもちろん、会場中央まで伸びる花道、会場後方からのトロッコでの登場など、会場全体を目いっぱい使った、ファンとの距離を感じさせない演出が随所に見られた。
 

NANA MIZUKI LIVE FIGHTER 2008 〜BLUE SIDE〜 supported by アニメロミックス

NANA MIZUKI LIVE FIGHTER 2008 〜BLUE SIDE〜 supported by アニメロミックス


 19曲目、『SUPER GENERATION』を歌い終わると、つぎの曲が最後の曲であることを告げる水樹。そして「”〜BLUE SIDE〜”ということで、ブルーの代表曲が最後の曲です。デビューしたばかりのころにこの曲に出会って、勇気をもらったというか、もっとがんばるぞと思わせてくれた曲。いままでに何度も歌ってきた曲だけど、この日、このステージでこの曲を最高のものにしたいです。そのためにはみんなの力が必要です。私に力をくれますか?」と会場に問いかける。それに応えた12000人のファンの後押しが加わり、最高の盛り上がりとともに『POWER GATE』が披露された。
 

NANA MIZUKI LIVE FIGHTER 2008 〜BLUE SIDE〜 supported by アニメロミックス


 会場からのアンコールに応えて登場した水樹は、とてもうれしい報告があると会場のファンに告げる。まず、2008年10月1日に18thシングルの発売が決定したというもの。3曲を収録したマキシシングルとなっており、1曲はアニメロミックスのCMソング。そして残りの2曲はテレビアニメ『ロザリオとバンパイア CAPU2』のオープニング曲とエンディング曲になるとのことだ。また、このシングルの発売を記念して発売記念イベントを行う。こちらは、水樹がずっと憧れ続けていた舞台であるという、新宿コマ劇場にて行われるとのこと。詳細は未発表だが、ファンはこちらも今後要チェックだ。

 最後の曲に入るまえに、水樹からライブ前日に報道された、巨大掲示板に犯行予告を書き込み逮捕された21歳男性の件について、「長い人生の中で、悩みとか伝えたいこと、いろいろとあると思う。でも軽はずみなことでたいへんなことになってしまう。みんなもっと自分のことを大事にしてほしいな、と思います」と、涙で声を詰まらせながらファンにメッセージを送った。そして「私の伝えたいこと、メッセージはこれから歌う歌に込めます。これから思いっきりみんなで最高の時間を作りましょう!」と呼びかけ、”NANA MIZUKI LIVE FIGHTER 2008 〜BLUE SIDE〜 supported by アニメロミックス”を締めくくる曲『New Sensation』を歌い上げ、会場のすべての人たちを笑顔に変えて2日間に渡るライブの1日目が終了した。
 

NANA MIZUKI LIVE FIGHTER 2008 〜BLUE SIDE〜 supported by アニメロミックス



NANA MIZUKI LIVE FIGHTER 2008 〜BLUE SIDE〜
supported by アニメロミックス
セットリスト

01

Astrogation

02

still in the groove

03

Happy Dive

04

TRY AGAIN

05

空時計

06

Dancing in the velvet moon

07

FAITH

08

砂漠の海

09

deep sea

10

COSMIC LOVE

11

You have a dream

12

迷宮バタフライ

13

Level Hi!

14

Bring it on!

15

Pray

16

Orchestral Fantasia

17

suddenly 〜巡り合えて〜

18

アオイイロ

19

SUPER GENERATION

20

POWER GATE

アンコール

21

What cheer?

22

Nostalgia

23

New Sensation



※水樹奈々オフィシャルサイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

アーケード音楽ゲーム『crossbeats REV. SUNRISE(クロスビーツレヴ サンライズ)』の稼動記念イベント開催! 多くのゲストとファンが駆けつけた

2016年5月21日に行われた、アーケード音楽ゲーム『crossbeats REV. SUNRISE』の稼動記念イベントの模様をリポートする。

【先出し週刊ファミ通】『オーバーウォッチ』21人のヒーローのワンポイントレッスンをお届け(2016年5月26日発売号)

世界同時発売&サービスが開始されたオンライン専用のチーム対戦型アクションシューティング『オーバーウォッチ』。21人のヒーローの特徴をわかりやすく解説。

『オーバーウォッチ』コミュニティページ公開! 発売記念キャンペーンも実施

スクウェア・エニックスは、米国ブリザード・エンターテインメント社が制作し、本日発売日を迎えた『オーバーウォッチ』日本語版の公式ホームページにて、コミュニティページを公開。また、同ページにて発売記念キャンペーンを実施する。

【先出し週刊ファミ通】DLC福袋で、『プロ野球 ファミスタ リターンズ』と『モンスターハンター フロンティアG』のお役立ちアイテムをお届け!(2016年5月26日発売号)

週刊ファミ通2016年6月9・16日合併号(2016年5月26日発売)のダウンロードコンテンツ福袋も大充実。気になる中身をご紹介!

『オーバーウォッチ』がついに全世界同時発売! 本日20時から急遽ニコニコ生放送を実施【ファミ通EE】

ブリザード・エンターテイメント社のチーム対戦型シューター『オーバーウォッチ』(PS4向け日本語吹替版はスクウェア・エニックスが発売)が本日(2016年5月24日)全世界同時発売! 本日20時からはニコニコ生放送、YouTubeのスクウェア・エニックスチャンネルでライブ配信も行われる。

【先出し週刊ファミ通】ビビも登場!『ワールド オブ ファイナルファンタジー』の世界をおびやかすバハムート軍とは?(2016年5月26日発売号)

グリモワルと呼ばれる世界を冒険する『ワールド オブ ファイナルファンタジー』。さまざまな『ファイナルファンタジー』シリーズのキャラクターが参戦する本作に、『IX』よりビビが登場! また、主人公たちの前に立ちはだかるバハムート軍の情報もお伝えしよう。 

『ドラゴンクエストX』中国でのサービスが決定、日本サーバーとは別でサービス予定

スクウェア・エニックスよりサービス中のオンラインRPG『ドラゴンクエストX オンライン』について、中国でのサービスが決定したことが発表された。

【先出し週刊ファミ通】『クラシックダンジョン 戦国』で有名武将と探索しよう!(2016年5月26日発売号)

ドット絵のグラフィックとレトロなサウンドが特徴の『クラシックダンジョン』シリーズ。最新作の序盤のポイントをチェックしよう。

【先出し週刊ファミ通】編集者が選ぶ思い出のゲーム 第3弾はここ10年に出たハードから!(2016年5月26日発売号)

週刊ファミ通2016年6月9・16日合併号(2016年5月26日発売)では、ファミ通30周年企画がスタート。編集者が選ぶ思い出のゲームを紹介します。

【先出し週刊ファミ通】『プラスティック・メモリーズ』がプレイステーション Vitaでリリース決定(2016年5月26日発売号)

2015年に放送されたテレビアニメ『プラスティック・メモリーズ』がプレイステーション Vita用ソフトとなってリリースされることが明らかになった。