携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> アニメ・声優> 『ペルソナ3』から10年後の世界を舞台にしたアニメ『PERSONA-trinity soul-』が制作開始!

『ペルソナ3』から10年後の世界を舞台にしたアニメ『PERSONA-trinity soul-』が制作開始!

2007/11/9

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●人気RPG『ペルソナ3』の世界を受け継いだアニメが2008年1月よりオンエアー!

 

ペルソナ〜トリニティ・ソウル〜

 

 プレイステーション2で発売されたアトラスのRPG『ペルソナ3』。死と向き合うことで発現する、もうひとりの自分”ペルソナ”とともに、謎が謎を呼ぶストーリー展開、そして何よりも魅力的なキャラクターたちや、劇中の音楽が注目され、大ヒットを記録した作品だ。そんな『ペルソナ3』と世界設定を共有するアニメが、2008年1月より放送が開始されるぞ!!

 テレビアニメ『PERSONA-trinity soul-(ペルソナ〜トリニティ・ソウル〜)』は、プレイステーション2用ソフト『ペルソナ3』から10年後の世界を舞台にしている。主人公は、神郷 慎(カンザト シン)という17歳の少年。彼と、そして彼の兄弟を中心に”他者との関わり合い”をテーマにした物語が紡がれていくことになる。もちろん、『ペルソナ』には欠かせない学園ドラマも用意されている。それぞれに持つトラウマや過去によって、ペルソナ能力に目覚めてしまった仲間たち。そんな仲間たちとの苦しく、そして悲しい戦いも描かれていくのだ。

 監督を務めるのは、『おおきく振りかぶって』で演出、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』で演出・絵コンテを担当した松本 淳。キャラクター原案は、『ペルソナ3』のメインキャラクターデザインを務めた副島成記。キャラクターデザインは『DARKER THAN BRACK -黒の契約者-』で作画監督を務めた石井百合子。ペルソナデザインは『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』でメカ作画監督、『BLOOD+』で原画を務めた玄馬宣彦。シリーズ構成・メインシナリオには、『AFRO SAMURAI』、『甲賀忍法帖バジリスク』などのむとうやすゆきが担当する。

 今回、上に掲載したメインビジュアルのほかに、キャラクター設定画、そして副島氏による原案イラストもお届けするぞ。さらに副島氏から、キャラクターデザインに関してのコメントもいただいたのでお届けしよう。

ストーリー

舞台は日本海に面した“綾凪市”。10年まえに発生した“同時多発無気力症”による災害から復興を遂げた未来型新興都市である。高校生の神郷 慎(カンザト シン)は、弟の洵(ジュン)とともに、長男で綾凪市の若き警察署長である諒(リョウ)と10年ぶりに再会する。そのころ、綾凪市ではある怪奇事件に襲われていた。潜水艇の中から忽然と姿を消した乗組員。10年ぶりに世間を騒がせる無気力症。学生が無惨な姿となって殺されていく表裏反転死体事件。

一連の事件に潜む組織を追う諒。
そして事件に巻き込まれたことから、異形の姿をした“ペルソナ”を覚醒させる慎。
兄弟たちの運命の歯車がいま回り始める――。


キャラクター設定イラスト
神郷 慎
(カンザト シン)

ペルソナ〜トリニティ・ソウル〜

ペルソナ〜トリニティ・ソウル〜

本作の主人公。凪の森学園高等部2年生。17歳。父親の形見である”羽”らしきものをペンダントにして、身につけている。

 

キャラクター設定イラスト
神郷 諒
(カンザト リョウ)

ペルソナ〜トリニティ・ソウル〜

ペルソナ〜トリニティ・ソウル〜

慎の兄で、長男。28歳。一連の事件の謎を追うために警察に入り、史上最年少の警視となる。


キャラクター設定イラスト
神郷 洵
(カンザト ジュン)

ペルソナ〜トリニティ・ソウル〜

ペルソナ〜トリニティ・ソウル〜

凪の森学園中等部3年生。14歳。8年まえ、両親の失踪とときを同じくして起きた事故で命を落としかけた。

 

副島成記描き下ろし
キャラクター原案イラスト

ペルソナ〜トリニティ・ソウル〜

ペルソナ〜トリニティ・ソウル〜

ペルソナ〜トリニティ・ソウル〜

副島成記コメント

アニメはゲームとはまた違った世界観で描かれておりますので、いままでとは違ったノリで描いております。より多くの方に見ていただけるようストレートな格好よさを前面に出している感じですね。ただ、ペルソナのキャラクターという意味においては基本的なコンセプトは変えておらず、少年少女の成長物語に似合うデザインを心がけて描いております。描くうえで気づいた違いといえばゲームとアニメのデザインの違いでしょうか。ゲームの場合キャラクターデザインは記号としての要素が大きく、戦闘画面やダンジョンを走っているときの見た目を考え、それぞれのキャラクターがひと目で判別できるようにしなければならないなど、単純に絵の見栄え以外に必要とされる要素が多いのですが、アニメの場合必要なシーンに必要なアングルで表情や動きを捉える演出が可能です。今回のアニメキャラはデフォルメされた記号的デザインはあまり意識せず、より細かい表情が出せるようにディティールを優先して描いており、それぞれのキャラクターの持つ雰囲気を出せるようにしました。新しい試みでキャラクターを描くことによって『ペルソナ』の世界観が広がり、ゲームとは違った魅力を出しておりますのでぜひご注目ください。



スタッフ

原案:プレイステーション2用ソフト『ペルソナ3』(アトラス)
監督:松本 淳
メインキャラクター原案:副島成記
シリーズ構成・メインシナリオ:むとうやすゆき
キャラクターデザイン:石井百合子
ペルソナデザイン:玄馬宣彦
音楽:岩崎 琢
アニメーション制作:A-1 Pictures
製作:ペルソナ〜トリニティ・ソウル〜製作委員会


PERSONA-trinity soul-

TOKYO MX、MBS、CBC、テレ玉、tvk、チバテレビ、アニマックス、BS11にて、2008年1月より放送開始予定



※『PERSONA-trinity soul-』公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

第1弾タイトル『みんゴル』や、PS初期の名作RPG“Reboot”、完全新作の発表まであった“ForwardWorks Beginning”をリポート

フォワードワークスが、2016年12月7日に都内で開催した発表会“ForwardWorks Beginning”の模様をリポートする。

PS4版『パラッパラッパー』楽しいラップとダンスを美しくなったグラフィックで楽しもう

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、週刊ファミ通2016年12月22日号(2016年12月8日発売)にて、プレイステーション4用ダウンロードソフト『パラッパラッパー』の最新情報を公開した。

『エースコンバット7』“空の革新”を謳う、シリーズ最新作がベールを脱ぐ!

バンダイナムコエンターテインメントは、週刊ファミ通2016年12月22日号(2016年12月8日発売)にて、プレイステーション4用ソフト『エースコンバット7』の最新情報を公開した。

【今週の週刊ファミ通】『龍が如く6 命の詩。』を徹底攻略! ミニファミコンに続けとばかりに“ミニ○○”を妄想する特集も!!(2016年12月8日発売号)

本日(2016年12月8日)発売の週刊ファミ通2016年12月22日号の表紙を飾るのは、『龍が如く6 命の詩。』。『FFXV』の攻略&企画のほか、『バイオ7』や『仁王』など話題作の最新情報も満載!!

“A 5th Of BitSummit”が2017年5月20、21日に開催決定 日本最大級のインディーゲームの祭典BitSummitが5周年

日本最大級のインディーゲームの祭典BitSummit。その5周年を飾る“A 5th Of BitSummit(フィフス オブ ビットサミット)”が、2017年5月20日(土)、21日(日)の両日開催されることが明らかにされた。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2016年11月28日〜2016年12月04日

『ファイナルファンタジーXV』がプレイステーション4ソフトで歴代最高の初動と累計を記録し、首位獲得

『マジシャンズデッド』の最新情報が流出!? ゲームの秘密に迫る衝撃の動画を公開【動画あり】

バイキングは、2017年12月8日より全国のアミューズメント施設で稼動予定の『マジシャンズデッド』において、ゲームの秘密に迫る衝撃の動画を公開した。

【パワプロ特設サイト】月2学園パワプロ部 第14回放送で採用されなかった宿題を独断と偏見で紹介!

月2学園パワプロ部 第14回放送で採用されなかった宿題を独断と偏見で紹介!

プレイステーション4の世界累計実売台数が5000万台を達成

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのプレイステーション4が、2016年12月6日時点で世界累計実売販売台数5000万台を突破したことが明らかにされた。

【ウォッチドッグス2特設サイト】ユービーアイソフトのトレーラーが流出!? なんてネタも飛び出すサイドオペレーション

ユービーアイソフトのシリーズ最新作『ウォッチドッグス2』の特設サイト“インサイド ウォッチドッグス2”を更新。